2007年03月27日

能登半島地震―「震災」について考える 

<能登半島地震>被害が比較的拡大しなかった要因は…

 能登半島地震は阪神大震災に匹敵する強い揺れを観測したが、被害は局地的なものにとどまった。地震の加速度は石川県志賀町で945.4ガルで、95年の阪神大震災の818ガル(神戸海洋気象台)を超えたが、なぜ被害は比較的拡大しなかったのか。室崎益輝・消防研究センター所長(都市防災学)は「住民の数や発生時刻、地域特性など複合的な要素が奇跡的に重なったのだろう」と分析する。
 最大の要因は、人口密度の低さ。阪神大震災での神戸市では1平方キロメートルあたり人口約2800人だったのに対し、輪島市は約100人。室崎所長は「この揺れで都市直下型地震が起こったら、被害は一層拡大した」と指摘する。
 早朝に発生した阪神大震災に比べ、能登半島地震は日曜日午前9時半すぎの発生。室崎所長は「休日で留守が多く、自宅にいても外が明るく初動の避難がスムーズだったのでは」と推測。また「過疎地特有の地域コミュニティーの強さ」から「住民が迅速に声掛けをして消防活動に移ったため、火災が少なかったのでは」と言う。さらに「住宅が雪国特有の頑丈な構造だったこと、暖冬で積雪が少なかったことも幸いした」と分析した。
【沢木政輝、近藤大介】

(3月26日12時53分配信 毎日新聞)


記事によれば「能登半島地震は阪神大震災に匹敵する強い揺れを観測したが、被害は局地的なものにとどまった」とのこと。

今回の大地震が「震災」とは呼ばれないのは被害が地震の規模に比べれば少なかったからでしょうね。

記事を通して「ラッキー」が重なった点を列挙されていますが、この記事では指摘されていない点を考察してみると言うエントリーです。

続きを読む
posted by @隼人正 at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。