2007年04月29日

「博士の独り言‐闘魂編」へあえて苦言を呈す!

「博士の独り言‐闘魂編」のコメント欄・TBが一斉に閉鎖されたようです。

私は「博士の独り言」のシンパです。

拙ブログは「博士の独り言」とは相互リンクもさせてもらっている。
また、メールマガジン [博士のランダムノート] 2007.01.05では
◆「博士の独り言」推奨ブログ(4)

■ 渡部昇一的ココロだー!!
 http://radical-japan.seesaa.net/

 題名の通り、渡部昇一氏の論風香るブログ。日本魂で社会問題に迫る。

と御紹介も頂いています。

しかし、「博士の独り言」の信者ではありませんので、あえて苦言を呈すエントリーをさせていただきます。


事の発端は「博士の独り言‐闘魂編」での『朝鮮人「日米同時銃撃事件」一考 』のエントリーの
 城尾哲弥容疑者(59)の本名は「白正哲」であることが判明。読者より情報をいただき、通信社筋に確認したところ、確認が得られたので小稿に報告する。

の部分であった。

私はこれまでの「博士の独り言」における論調などから、それを信頼し、拙ブログエントリー『長崎市長 銃撃事件―ヤクザと任侠について考える』において
更に追記 博士の独り言 闘魂編―朝鮮人「日米同時銃撃事件」一考 によれば、城尾哲弥容疑者(59)の本名は「白正哲」であることが判明したとの事です。

と追記いたしました。

その後、「城尾哲弥」=「白正哲」のソースについての真偽のコメントや反論ブログのTBが寄せられた。

それに対し、博士が
『「白正哲」について 』と言うエントリーで
「白正哲」容疑者は、メディアの中では知る人ぞ知る名前である。小ブログが言及する以前から、同容疑者を「白正哲」と本名で表示する地元のテレビ報道があった。

と反論した。

そのため、『ソースの真偽』が『地元のテレビ報道の明示』との流れになってしまった。

その後も博士は『謝辞「議論くださった皆様」へ!』、『「在日」という言葉への「過剰反応」を観察!』『「博士の独り言」攻撃の本質!』とコメントではなくエントリーで応酬していたのだが、4月28日にコメント欄・TB欄を閉鎖したとの事。

私が「博士の独り言」のシンパのなったのはちょうど「政治ブログ」を綴り始めたころに「博士の独り言 ブログ消失騒動」がありました。つまり敵対勢力による「言論弾圧」騒動があったのです。しかし、消失したデータも有志の協力により博士のブログの復刻に成功した経緯がありました。

博士が言論弾圧をコメント欄閉鎖と言う手段で行ったと私は思います。つまり、これまでの議論の経緯であるコメント(博士の擁護派も含めて)を削除したわけです。

博士のブログにはこのようなフレーズでエントリーが〆られています。

一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。共に闘ってくださるみなさまに心より感謝します。


今回の騒動の批判派と呼ばれる人は決して左巻きの人ではありませんでした。(この点は「依存症の独り言」さんの指摘は間違っています。)したがって批判コメントの多くは「悪口」ではありませんでした。

また、コメント欄はまさに「共有する」場だと思います。
(※もちろんスパムなどは削除してしかるべきです。)

博士に再度苦言を呈します!!

闘魂編のコメント欄の早期の復活を要求します。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑博士よ!保守ブロガーならば反論を受けて立て!!そして負けるな!!
FC2 Blog Ranking


追記 「依存症の独り言」さんの指摘の件ですが、御本人のコメントにもありますが、私が当該箇所を見落としていました。訂正させていただきます。













posted by @隼人正 at 21:04| Comment(29) | TrackBack(29) | 言論の自由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント、ありがとうございました。
私のブログ、TBがうまくいかないという指摘が多く恐縮です。

>この点は「依存症の独り言」さんの指摘は間違っています。

上記の点ですが、私は次のように書いています。


なお、「博士の独り言」に批判的コメントをカキコしている人間の中で、少数だが「まとも」な方たちが含まれていることにも留意してほしい。

----------------------------------------

私は、あなたのような方たちがいたことを承知しています。
私もコメント、TB欄の削除は非常に断念に思っています。
Posted by 坂 眞 at 2007年04月29日 22:14
坂 眞 様
コメントありがとうございます。
御指摘の部分は訂正いたします。

>私もコメント、TB欄の削除は非常に断念に思っています。

言論弾圧を受けた博士だからこそやってはいけない所業だと思います。
Posted by @隼人正 at 2007年04月29日 22:27
実にまっとうな批判だと思いますが一点だけ付け加えさせて頂きます。

【左翼というのはプライドたりえるのだろうか - 在日朝鮮人差別ハンタイ!!!!!!】
http://d.hatena.ne.jp/meiwakoko/20070429

上記のエントリで彼が言ってるように、今回俺が博士に噛み付いたのは、ソースが不明だったのもありますが、おおっぴらに民族差別を訴えていたからでもあります。むしろそっちの方が動機としては強かったかもしれない。
博士には時々「都合の悪い事は全て在日のせい」
2ちゃんねるでもよく見られるこんな醜悪な思想が見られます。まともな保守ブロガーならこんなみっともない主張をせず、正々堂々と自分の思想を訴えればいい。差別意識を伴った愛国や憂国の情なら、そんなものはゴミ箱にでも捨てて欲しい。
それだけです。
Posted by hagakurekakugo at 2007年04月29日 22:38
hagakurekakugo 様
コメントありがとうございました。

>差別意識を伴った愛国や憂国の情なら、そんなものはゴミ箱にでも捨てて欲しい。

私は「在特会」の会員ですが、この意見については、真摯に受け止めなければいけないでしょうね。いわゆる「差別」と「区別」の違いの部分ですかね。

我々ブロガーも素人とはいえ人に「伝える」ためにエントリーを挙げているわけですが「伝わる」ことが大事で、表現に誤解を与える部分があれば、訂正すべきでしょう。

Posted by @隼人正 at 2007年04月29日 23:38
博士は事実を言ってます。はっきりソースを示せないのは、事実を隠そうとする力があって、それがとてつもなく強いからでしょう。
この状態であえて記事にしたのはこのような状態に対する危機感と思います。差別ではなく、とてつもなく危険な存在であることへの警告です。(安全を考えたら、書かないほうが賢明なことは疑いの余地も無い。凡人にもわかる明白なこと)

メディアを監視する機関にはテレビを見たと言う人が結構います。ただ放送局とは教えてくれません。素人の私にもあっさりと見たと言ってくれました(ルーシーさん事件では知らないと言い張る新聞社のなかにもこの件についてはそのような報道はあった。犯人は朝鮮人といった人もいます)機関名は明示できません。然し数は限られていますから、考えてご自分で確かめてください。ただし、質問の仕方は若干工夫するべきでしょう。電凸した人がブログで書いてますが、素人から見ても子供の使い程度の電凸です。

いつか事実が知られる日が来るでしょう。

言いたいことはこの問題の根は深く、暗い、陰湿、執拗なことです。ためしにルーシーさん事件についてメディアに質問してみてください。犯人が在日と認める新聞社はこの期に及んでも皆無です。したがって日本ではソースは無いです。然しイギリスで公然と報じられましたから、ソースを示せないからがせねたという人はいないでしょう。日本のメディアにとり日本で発生した事件の詳細が外国で明らかにされるのは屈辱と思うのですが、それ以上に在日という事実を隠蔽する勢力が大きく、テレビ、新聞等メジャーなメディアがこぞって加担することが国の安全にも関わる異常事態と思います。

一見もっともな議論をされてますが、問題の本質を見極めて欲しいと思います。

結論:1.報道は一端されたものの、その後隠蔽に走り緘口令がしかれている。確かに報道を見た人はいる。
2.日本で報道されなかったことは否定する理由にならない。

ここまで言っても信じてはもらえないでしょう。然し言わずにはいられません。事実はいつか判明する時がきます。
Posted by 本質を見極める力 at 2007年05月01日 14:33
本質を見極める力 様
コメントありがとうございました。

争点は、「城尾哲弥」=「白正哲」ではなく、「地元のテレビ報道の明示」ですよ!

しかも、fa-engさんをはじめとしたそれを追及されていた方は「左巻き」の連中ではないんですよ!

つまり、博士の論法が「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」を声高に叫ぶ「サヨク」の連中と同じように見えているわけです。
同じ保守陣営としては「これは許せない!」と
でも、「100%博士の説を否定するつもりはないから自分達を納得させる材料を示してくれ!」と言うことだったような気がします。

つまり、本当の本質は「博士の主張」は自ら批判する「特亜」や「創価」と同じことをしていると言うことなのです。



Posted by @隼人正 at 2007年05月01日 17:27
まず、電凸して、報道を見た人の話を聞いてください。ただし局名等詳細については口をつぐみます。
悪魔の証明ではないです。

隠蔽しようとする大きな勢力があることが理解できないのでしょうか?私はここが大きな問題で、危険だと思うのです。

本質を見れない人を納得させるのは難しい、左右は関係ないです。
おっせかいと思いましたが、一言、後で分かります。

電凸してみてください。ついでに通名報道を止めるように言ってください。



Posted by 本質を見極める力 at 2007年05月01日 18:02
本質を見極める力 様
再度のコメントありがとうございます。

>通名報道を止めるように言ってください。

博士のブログに追及コメントをしていた人は通名報道の反対の立場の人だと思いますよ!

博士の一連の反論エントリーの流れは「通名報道」について考えるものではありませんでした。

反論を唱える人に対して「問答無用」的にストーカーの如く決め付けていただけでしたよ!

挙句の果てにはコメント欄の閉鎖ですから・・・。

その手法がカルトや特亜と同じに感じるのです。
Posted by @隼人正 at 2007年05月01日 21:30
 先日はコメント・TBありがとうございました。遅れましたが、こちらからもTBしました。信頼していたブロガーだからこそ、勇み足に注意喚起するというのは当然のことだと思います。博士さんも信頼している人に対して誠実であろうとすれば、一旦撤回する旨のアナウンスをして、後続情報を待つくらいのことはできたはずです。貴方の叱咤が、いつの日か彼に届くことを願います。
Posted by sok at 2007年05月02日 00:05
>博士が言論弾圧をコメント欄閉鎖と言う手段で行ったと私は思います。つまり、これまでの議論の経緯であるコメント(博士の擁護派も含めて)を削除したわけです。

俺も博士は相当ヘタレだと思うけどさ。君も熱くなりすぎなん過ぎなんじゃない?
たかがコメント欄閉じた位で「言論弾圧」なんてぎゃあぎゃあ騒ぐなんて痛すぎだよ。
反論があればこうやって君は自分のブログででも反論出来るわけじゃん?一体どこを弾圧してるわけ?
そもそも最初からコメント欄閉じてるサイトは全部言論弾圧に加担してるわけか?
そもそもコメントなんてのはただの感想であって言論活動とかそんな大層なもんじゃないだろw
ブログはあくまでブログ主のものであって、他人がどう運営しようが自由。
もちろん君がこのブログを公共の場だとか自由な言論活動のための崇高な場所とか思い込むのは君の勝手だけどね。
でも他人のブログにまでそのマイルールを要求するのは思い上がりだぜ。
Posted by 冷静になろうね at 2007年05月02日 08:17
sok 様
こめんとありがとうございました。

>貴方の叱咤が、いつの日か彼に届くことを願います。

届くことはないでしょうね。おそらく。


冷静になろうね 様
コメントありがとうございます。

貴方の主張はマジョリティーと思います。

今となれば、たかがブログですからどーでもいいですよ!

ただ、やり方がブサヨ連中と同じだったので思わず苦言を呈したのです。

貴方も
>俺も博士は相当ヘタレだと思うけどさ。
と思ったわけですからね。
Posted by @隼人正 at 2007年05月02日 22:59
因幡の白兎はここでリンクしなかったー。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年05月04日 13:51
きのうは紹介しないです。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年05月11日 13:31
ブログもするのかー、すごいなぁー
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年05月18日 13:50
もしも〜し。
お元気ですか〜?
Posted by hiyoko at 2007年05月23日 19:42
ん?なんかうまくかけなかった。
やり直し。
もしもーし
ますたーお元気ですか〜?
Posted by ひよこ at 2007年05月23日 19:45
理屈と鳥もちはどこにでもくっつき、写真は真を写すこともときには有る。
この動画を見ても尚、民族区別を誹謗するなら諦めましょう、差別しましょう反日ニホンジンを(笑)。
・中国速報:中国での中国人による中国人殺人現場実況中継映像 (超残酷映像) 全03:17
http://kay-japan.iza.ne.jp/blog/entry/176890/
Posted by kay-japan at 2007年05月24日 10:19
因幡の白兎は、エントリーしたいなぁ。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年05月26日 13:43
博士だめかも…
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年06月02日 14:04
きょう因幡の白兎は、ココロはコメントするはずだった。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年06月09日 14:18
きのうはリンクした。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年06月16日 14:03
@隼人正が、渡部昇一とかココロやランダムノートとかをコメントしなかったよ。


Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年06月23日 14:19
ブログもするのかー♪
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年06月30日 14:12
きょう、ここまでココロとコメントしたいなぁ。
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年07月07日 14:41
記事の更新がストップしたままなので心配していました。
先ほど出張所を訪問し・・・そう言うことでしたか。
元気そうで安心しました。
でわ。
Posted by makuri at 2007年07月09日 17:32
偶然来ました。このコメントにすごく同感でした。


おおっぴらに民族差別を訴えていたからでもあります。むしろそっちの方が動機としては強かったかもしれない。
博士には時々「都合の悪い事は全て在日のせい」
2ちゃんねるでもよく見られるこんな醜悪な思想が見られます。まともな保守ブロガーならこんなみっともない主張をせず、正々堂々
と自分の思想を訴えればいい。差別意識を伴った愛国や憂国の情なら、そんなものはゴミ箱にでも捨てて欲しい。
それだけです。
Posted by hagakurekakugo at 2007年04月29日 22:38様のこめんと

博士のブログファンでしたが、影響を受け、いつのまにか嫌韓になり周囲とイラついて合わなくなっていました。極端な差別は他者にも伝染する。民族差別の人の記事は世界には出せないでしょう。
Posted by 渡部昇一氏を身近に知る人 at 2008年11月16日 09:10
はじめまして、よろしければ相互リンクをして頂けませんか。こちらから先にリンクを張らせて頂いています。よろしくお願いしますhttp://kasiharanews.seesaa.net/
Posted by ひかり at 2008年12月09日 15:08
初めまして
小生、理解能力が悪くて申し訳ない。
長い文章で何をおっしゃっているのか
解りませんでした。
もう少し短い文章にしていただけないでしょうか?
失礼しました。
Posted by よっぱらい at 2008年12月15日 23:26
渡部昇一は薄っぺらな憂国ですね。知的生産のヒントみたいなたるんだ駄本や子供をたくさん産む女性は体が丈夫になるという完全に頭がいっているとしか思えません。
Posted by by.yasu at 2009年08月13日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40362885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

完全無欠の無謬の存在・「博士の独り言」ブログ
Excerpt: 中島義道氏の著書「私の嫌いな10の人びと」で書かれた人の中に、「喧嘩が起こるとすぐ止めようとする人」というのが含まれている。中島氏のこの著書に書かれている10種類の人々が嫌いだという理由には私も概ね賛..
Weblog: 先っちょマンブログ
Tracked: 2007-04-29 22:12

ヒロシ君、反論できずについにコメント閉鎖
Excerpt: 悪質なデマブログであり、民族差別を推奨するヘタレネオナチの「博士(ヒロシ)の独り言」のイザ版がついにコメント欄を閉鎖した。 最後まで長崎ローカルの放送局を明かさないままのコメント閉鎖に、「これでは朝..
Weblog: 解決不能
Tracked: 2007-04-29 22:25

ネット上の保守言論は現実主義へと引き返せるか
Excerpt: ネット上の保守言論は、根拠を示せない仮説を流布するようなブロガーとは距離を置くべきだと思う。後続情報を待つくらいの慎重さも無く、差別主義を隠そうともしない、そういう態度では嫌韓反中だけでなく保守言論も..
Weblog: sokの日記
Tracked: 2007-05-01 23:50

「カナダde日本語」は博士を批判する資格なし
Excerpt: 「カナダde日本語」が執拗に「博士の独り言」をダシにしてエントリーを立てるのだが、どれもこれも出鱈目な論法ばかりで全然説得力が無い。 今から記述することはすべて「カナダde日本語」批判であって、..
Weblog: ★★反日ブログ監視所★★
Tracked: 2007-05-04 06:42

プギャー m9(^Д^)ダブスタ kojitaken必死だなw
Excerpt: ★★お前らに『博士の独り言』に文句をつける資格なし! と馬鹿ネトサヨの尻ぺんぺん! 他者のブログのエントリーを批判する際には道理というものがあって、その道理を踏み外しての批判は批判者の値打ち自..
Weblog: ★★反日ブログ監視所★★
Tracked: 2007-05-04 06:43

格差社会に巣食う病理とは何か…?
Excerpt: 「構造主義を学んでいる」と口にすると、 すぐに、 「今のこの時代に、  そんな古い考え方を勉強して何になるんだ?」 という突っ込みを受けることが多々あります。 ところが、 「構造主義は..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-24 06:06

日本崩壊の足音が聞こえる!
Excerpt: やはり不安でたまりません。 このまま突き進んでいざ破綻ということになれば、 最も悲惨な貧乏くじを引かされるのは、 我々のような、 か弱気一般市民であることは明白だからです。 もう一度..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-25 05:00

司法試験合格者が支配する異常国家日本!
Excerpt: 2007年5月24日、 山口県光市で、 会社員本村洋さんの妻と長女が 殺害された事件で、 殺人などの罪に問われ、 最高裁が1、2審の無期懲役判決を破棄した 当時18歳の少年だった被告に対す..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-25 18:23

生きることに‘意味’などない。あるのはただ‘存在する’という事実だけだ!
Excerpt: 「アムロ…、  地球上に残った人類などは、  地上のノミだということが  何で分からんのだ…!」 『劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の中で、 ネオ・ジオンの総帥であるシャア・アズ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-26 05:31

腐敗が腐敗を生む腐敗大国日本…!
Excerpt: しつこいようですが、 何度考えても納得いきませんね。 そうです。 山口県光市の 「本村洋さん妻子殺害事件」です。 法律を破って女性と子供を殺害した犯人は現在、 我々の税金で三度..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-26 13:45

宇宙的思考による中国脅威論 〜中国の拡大がいずれ世界を滅ぼす〜
Excerpt: 宇宙的規模で人間の問題を考察したいと考えているこのアナベル・加藤にも、 どうしても軽視することのできない「民族の問題」があります。 というより、 宇宙という俯瞰的な視野で地球を眺めようとする..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-27 04:01

日本の防衛力は誰が統制しているのか?
Excerpt: 5月23日に、 京都府南部で、 今年初めての光化学スモッグ注意報が 発令されました。 なんでも、 京都近郊でこのような注意報を 5月中に発令されるのは、 1988年以来19年ぶりなの..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-27 13:04

何が日本を守っているのか…? 〜バカ評論家の肖像〜
Excerpt: またまた「樋口恵子」さんが やってくれました。 http://www.sut-tv.com/terakoya/kousi/higuchki_keiko/kousi.htm 5/5放送分..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-27 19:43

社保庁問題で安倍晋三はまた頭の悪さを露呈した!
Excerpt: 今、 日本という国家の信用性を 根幹から瓦解させるほどの 恐ろしい大事件が起こっています。 そうです。 社会保険庁による管理不備が原因の、 「不明年金問題」です。 社会保険庁..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-27 20:34

桝添要一が気持ち悪い…!
Excerpt: 参議院議員 桝添要一が気持ち悪い…。 …といっても、 顔や目つきがというわけではなくて、 彼の政治的な姿勢が気持ち悪いのです。 4月から「朝日ニュースター」では、 桝添要一氏がレギュ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-28 08:52

公明党が政権与党であることの異常性。
Excerpt: 草野厚という名の 慶応義塾大学総合政策学部教授がいます。 http://www.kouenirai.com/profile/800.htm サンデープロジェクトなどのコメンテーター ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-28 20:51

官僚のチョンボを国民に押し付けるな!
Excerpt: まだまだ納得がいきません。 この国は骨の髄まで腐りきっています。 え? 「何が?」って…? いやいや…、いろいろあるのですが、 今回は薬害C型肝炎の問題を取り上げてみたいと思います。..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-29 16:51

死すとも罪は免れない! 〜日本人の悪い癖〜
Excerpt: 緑資源機構による官製談合事件の捜査が進められる中、 疑惑の総合商社、 松岡利勝農水相が自殺しました。 そして今日、 官製談合システムの生みの親とされる 緑資源機構の陰の首領、 森林..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-29 18:18

田原総一朗は何故頭が悪いのか?
Excerpt: 最近、 田原総一朗がやたらと 「憲法改正問題をどうするか…?」 と騒ぎ立てていますね? 「サンデープロジェクト」、 「朝まで生テレビ」…、 このようなブログを書いている立場上、 これ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-30 22:23

医師はちゃんと選ばれているのか?
Excerpt: データだけで社会を分析することの危険性は 重々承知しているつもりですが、 それでもどうしても解せない現実を そこに読み取れることもまた事実です。 今、日本には3大国家資格とされている 超..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-05-31 03:41

政治家の言葉遣いを疑おう!
Excerpt: 5月27日放送分のサンデープロジェクトで、 「与党のハンドルを握れるか?  公明党 太田代表の覚悟!」と題したコーナーに 公明党の太田昭宏代表が出演し、 今年夏の参議院選挙に向けての 抱負と..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-01 00:38

人類の最大の敵とは何か? 〜殺された人々へのレクイエム〜
Excerpt: 人類にとっての最大の敵とは、 他でもない我々人類自身です。 有史以来、 地球上のさまざまな地域で、 多くの罪なき人々が人間の手によって 殺されてきました。 誰がブッダなのか..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-01 05:29

報道番組を観てはならない!
Excerpt: 小泉純一郎を総理に奉り上げたのも、 就任後高い支持率を維持させたのも、 すべてマスコミ、 特に、 テレビというマスメディアです。 各局が放送している夕方のニュース番組や、 古館の報道ス..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-01 19:56

何故人間はここまで残虐なのか…? 〜風習の中に潜む病理〜
Excerpt: 別にオカルト趣味というわけではありませんが、 あまりにも気が滅入ってしまったので、 今回このブログで取り上げてみようと思い起ちました。 これは人間すべてに潜在する本性なのか、 それとも、 ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-03 04:28

宮崎哲弥を信じてはならない!
Excerpt: またまた 世界が混迷の闇へと突き進んでいることを教えてくれる 衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました。 テレビのニュースなどでも広く報じされているので、 ご存知の方も多いでしょうが、 ..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-03 10:38

自称工学博士 またもやガセネタか!!
Excerpt: この人物にしてこの「映画」あり! ご存知の読者は多いことと思う。だが、ご存知ではない読者もおられると思うので、判別認識のために周知する。監督の井筒和幸氏は、朝鮮総連の機関紙・朝鮮新報(2005年..
Weblog: 雲の下の坂
Tracked: 2007-06-03 12:49

政治家の言い訳を許してはならない!
Excerpt: テレビに出演してコメントしている政治家は いつも次のような綺麗事を口にします。 「この問題は国民にとって  とても大事な問題です。  今後も国民的な議論を  きっちりと行っていかねばなり..
Weblog: どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
Tracked: 2007-06-04 05:16

卑怯者のブログ について
Excerpt: よーめんさんのブログで「卑怯者のブログ」というエントリーがありました。 要旨は「灰色のベンチから」が、コメント欄を設置していない事に対する批判です。 ではなぜ、卑怯者のブログはコメント欄を隠すのか..
Weblog: 雲の下の坂
Tracked: 2007-07-02 17:23

第10回 政権交代(CHANGE)が必要な理由
Excerpt: 政権交代が何故必要か。 下記のグラフを見て頂ければ、一目瞭然かと思います。 このグラフは、故石井紘基衆議院議員の書籍『告発マンガ利権列島』から、どういう構成主体にしたら、希望の..
Weblog: 生き抜く力
Tracked: 2008-07-20 16:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。