2007年04月08日

「台湾の声」【呼びかけ】「台独反対するな」と安倍首相に訴えよう

【転送転載を】

「台独反対するな」と安倍首相に訴えよう

                              台湾研究フォーラム会長 永山英樹

中国政府は現在、安倍首相が温家宝との会談で「台湾独立に反対する」と言わせる
ことに力を注いでいるとされる。
すでにアメリカのパウエル国務長官に「台湾は主権独立国家ではない。統一すべき」
と言わせたり、ペース統参本部議長に「台湾独立反対」と言わせてきた中国(ブッシ
ュ大統領も胡錦濤、温家宝に「反対する」と言わされたとされる)。いよいよ次は
日本の番と言うわけだろう。
台湾を守っているのが米国と日本。その両国が「反対」を言ってしまえば、東アジ
ア、太平洋の砦である台湾の士気は大いに低下することになり、やがては中国の軍
門に降りかねなくなるかも知れない。これこそがまさに中国の狙いなのである。
もしそうなれば、日本はいったいどうなるのか。台湾と言う絶対不沈空母は、一夜
にして東アジア・太平洋諸国に対する一大脅威となるのだ。よってこれは台湾だけ
でなく、日本自体の危機の問題なのだと言うことを、我々は深刻に受け止めなけれ
ばならない。
安倍首相は断じて中国の要求に屈してはならない。そして「台湾独立は台湾住民の自
決権の問題である。中国にも日本にも、それに干渉する権限などない」と反論するべ
きだ。
安倍首相にそう訴えよう!

*******************************************************

安倍首相に要請しよう!
日中首脳会談で「台湾独立反対」を言ってはならない

                     台湾の声編集部

中国の温家宝首相が4月11日から13日にかけ来日するが、その目的の大きな一
つは、安倍首相に「台湾独立に反対する」と言わせることと見られている。
台湾を萎縮させるとともに、日本国民に台湾は中国の一部だと認識させ、台湾併合
を容易にすることが狙いだ。
台湾が中国の領土ではない以上、独立するか否かは台湾人が決めることであり、他
のいかなる国の政府にも反対する権限などない。
安倍首相は絶対に中国の要求に従い、「台湾独立に反対する」と言ってはならない。
台湾を手土産、生け贄にすることは許されないのだ。
ぜひこのことを安倍首相に要請して下さい。

■首相官邸への意見の宛先
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文


ブログパーツ
banner_01.gif
↑ランキング参加中です!
FC2 Blog Ranking
posted by @隼人正 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。