2007年04月05日

髭を剃った小笠原と安倍総理―大人の対応?日和った?について考える

20070105_221540-1.jpg日ハムから巨人へFA移籍の際、トレードマークの髭を剃った小笠原道大

(写真は自主トレ時の小笠原 報知スポーツより)




では、就任早々「河野談話」の継承の答弁をした安倍総理はどうか?について考えるエントリーです。



※参考エントリー安倍さん!!「美しい国」はどこに行った!


自らのバット一本で日本屈指のスラッガーとなり、FA権を駆使して巨人に入団した小笠原。

保守政治家として信念の行動と北朝鮮訪問時の毅然たる態度でポスト小泉最右翼となり、総理に就任した安倍総理。

小笠原は髭をそり、安倍総理は「河野談話」を継承した。

「巨人」と言う重圧、「総理」と言う重責。
人は無難な道を歩んでしまうものなのだなーと感じざるを得ませんね。


「戦後レジームの打破」が安倍政権のスローガンですが、「戦後レジームの集大成」と言うべき「村山談話」「河野談話」の継承は矛盾と言わざるを得ません。

ブッシュ米国大統領との電話対談(約15分とのことなのでどれだけ話したのか疑問だが)では「慰安婦問題」について弁明している新聞記事を読むと、安倍総理をしても「戦後レジーム」の根本的な打破は無理なんですね。


そういえば、戦後「髭を蓄えた政治家」って見当たりませんねー。
これもGHQの占領政策なのでしょうか?誰か教えてくれます?


ブログパーツ
banner_01.gif
↑安倍総理!髭を蓄えてみたら?それも戦後レジームの打破かも!
FC2 Blog Ranking
posted by @隼人正 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 安倍内閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レイニー・ヤンは謝罪の必要はない
Excerpt:  以前のエントリーでご紹介した、台湾のアイドルが、さらなる非難を受けているようです。 「台湾人アイドルを攻撃する中共」 http://wind.ap.teacup.com/netuyo/261.ht..
Weblog: ネトウヨのブログ
Tracked: 2007-04-08 02:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。