2007年03月27日

能登半島地震―「震災」について考える 

<能登半島地震>被害が比較的拡大しなかった要因は…

 能登半島地震は阪神大震災に匹敵する強い揺れを観測したが、被害は局地的なものにとどまった。地震の加速度は石川県志賀町で945.4ガルで、95年の阪神大震災の818ガル(神戸海洋気象台)を超えたが、なぜ被害は比較的拡大しなかったのか。室崎益輝・消防研究センター所長(都市防災学)は「住民の数や発生時刻、地域特性など複合的な要素が奇跡的に重なったのだろう」と分析する。
 最大の要因は、人口密度の低さ。阪神大震災での神戸市では1平方キロメートルあたり人口約2800人だったのに対し、輪島市は約100人。室崎所長は「この揺れで都市直下型地震が起こったら、被害は一層拡大した」と指摘する。
 早朝に発生した阪神大震災に比べ、能登半島地震は日曜日午前9時半すぎの発生。室崎所長は「休日で留守が多く、自宅にいても外が明るく初動の避難がスムーズだったのでは」と推測。また「過疎地特有の地域コミュニティーの強さ」から「住民が迅速に声掛けをして消防活動に移ったため、火災が少なかったのでは」と言う。さらに「住宅が雪国特有の頑丈な構造だったこと、暖冬で積雪が少なかったことも幸いした」と分析した。
【沢木政輝、近藤大介】

(3月26日12時53分配信 毎日新聞)


記事によれば「能登半島地震は阪神大震災に匹敵する強い揺れを観測したが、被害は局地的なものにとどまった」とのこと。

今回の大地震が「震災」とは呼ばれないのは被害が地震の規模に比べれば少なかったからでしょうね。

記事を通して「ラッキー」が重なった点を列挙されていますが、この記事では指摘されていない点を考察してみると言うエントリーです。

さて、「震災」=「人災」と言う観点もあるのではないかと思います。

日本人では、地震、火事災害が起きると助け合って、危機を回避します。
しかし、サンフランシスコ地震(アメリカ)やカトリーナタイフーンの例もあるように日本以外の国では地震などの災害が起こると、略奪が始まります。

チョット古いデータですが・・・


zainichi1998.jpg


これを見てもわかるように、おそらく能登地区をはじめとする今回の罹災地域は「単一民族」の地域であったため、日本人の高い民度がしめされ、「助け合い」の精神から「人災」と言う2時災害が発生しなかったのでしょう。


いま、公明党の売国国交大臣の方針により特定アジアの国からの入国がノービザになっています。

おそらく、不法滞在者がかなり増えていると思います。
この不法滞在者たちは東京・大阪・名古屋と言った大都市圏に滞在しているでしょう。

ただでさえ「武装スリ団」なんていう物騒な連中が滞在しているわけです。

東京・大阪・名古屋圏で地震が発生すれば略奪・放火などが発生することが予想されます。

(なぜ、関東大震災の際、日本の地区住民の自警団が朝鮮人男子を虐殺したのか・・・・・
なぜ、神戸のコリアタウンである長田地区が甚大な火災の被害があったのか・・・・)



10007690585.jpg


ブログパーツ
banner_01.gif
↑治安維持の答えは一つ!
FC2 Blog Ranking








posted by @隼人正 at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
因幡の白兎が能登半島地震に匹敵するの?
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年03月29日 14:16
消防センター長殿は学問的に視て見当違いの談話をされていますが、これだけの大地震で死者が一人と云う、全くの奇跡に自信を無くしたのでしょうか。「本来ならばもっと死者と怪我人が出てもいい筈」とは言いたいけど言えなかったと解釈できますが。様々な指摘と報道が終焉に向かうが、この地方の歴史的事実をどの報道機関も一切取り上げないのはどうした事か。多くのマスコミが記事にし、カメラを回しても、歴史的な報道は一切なし。三色色つきTV局、左向きTV局、金だけとって特亜番組を垂れ流す準国営局などマスゴミと呼ばれても反論の一つも出来ない報道各社では、貴社らがいつも唱える歴史認識とやらをこの地区に照準を当てて視たらどうだ。阪神淡路大震災を凌駕する規模の地震であるにも拘らず、奇跡は起きた。門前町の名前の由来どうり日本の乱世時代において、百有余年に亘り独立して宗教王国として栄えた地域だ。「おかげさまで」の言葉は此処から出ているといって過言ではないだろうが。
Posted by takasktt at 2007年04月05日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36949565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。