2007年02月07日

覆水盆に帰らず

旧日本軍の化学砲弾、広州市で97発を回収

 内閣府は7日、中国・広州市で実施した旧日本軍の遺棄化学兵器の発掘・回収事業で、旧日本軍の化学砲弾とみられる97発を回収したと発表した。中国政府の協力のもと昨年11月下旬から今月6日まで実施し、合計461発を回収。うち旧日本軍のものではないと確認した364発は中国側に渡した。作業は今回で15回目。(NIKKEI NET 2/7 18:23)


この記事を見る限りでは、旧日本軍のものではない大多数の遺棄化学兵器の中に、旧日本軍のものと思われるものが若干混ざっていたってことですよね。

どー考えても、この地域での化学兵器は旧日本軍が「遺棄」したものではなく、旧日本軍が武装解除のよってソ連軍や国民党軍が「接収」したものであることの状況証拠であるのではないかと思います。

この点を日経新聞も疑問に思うべきでしょう。

旧日本軍が遺棄していない化学兵器に、日本政府に処理義務があるのかどうか非常に疑問である。
河野洋平 遺棄化学兵器発言.jpg



この男の罪は深い。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑是非クリックを!明日への励みとなります。

2/9エントリータイトルを変更いたしました。
posted by @隼人正 at 20:08| Comment(6) | TrackBack(1) | シナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を読んでいるうちに怒りがこみ上げてきました!

もう金なんて払う必要なし!
Posted by dmedakorea at 2007年02月08日 02:03
結局、これも利権でしょ。

財務省ではなく外務省主導の利権漁りとその関係者、
という単純な構図ではないかと。

これなんか、その後に「正式に引き渡した」証拠が
見つかっても計画に変更なしですからね。

今後は環境技術なんかも利権がらみで援助
推進を唱える連中が出てくるね、きっとw

環境問題も規模が大きいから、利権自体もでかくなるw。
そうなれば群がる亡者も多くなる、と言う誰でも判る
構図が展開されていきますよ^^;

日本が本当の意味で「何で食べているのか」が判らない人は、
亡国の徒と呼ばれても仕方ないんじゃないでしょうか?

生産した'もの'、生産する'設備'、のようなもので食べている、
と考えると、見誤りますよ。

シャープの亀山工場がいい例です。
ああいうことです。

願わくば、毒ガス関連の処理施設建設の話がご破算に
ならんことを^^;
Posted by k2 at 2007年02月08日 12:52
「覆水盆にかえらず」とは壊れた男女関係が元には戻らない、という意味なんですが・・・。
某衆議院議長の場合は、「醜女の深情け」と形容した方が適当かと。日本では誰にもかまわれないので、シナに深い情を寄せているようです。それでもテキトーにあしらわれて利用されてふんだくられている可哀相な奴。同情してね。
だが、断る!
Posted by マルコおいちゃん at 2007年02月09日 17:19
「紅の傭兵」という格好いい愛称を付けられているこの御仁、その実傭兵どころか中共の猟犬扱いじゃないのでしょうか。
当然ながら利用価値がなくなれば最後に煮て食べられちゃいますw
Posted by mizo at 2007年02月10日 21:54
きょう因幡の白兎は、回収したいなぁ。
国民党の義務を確認したかもー。
広州へうちみたいな協力♪
きのう、広州に実施ー!
広州まで兵器に遺棄する?
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年02月15日 12:37
すげぇーーー ^^
ここの因幡の白兎ちゃん賢い!
Posted by mizo at 2007年02月15日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33136816

この記事へのトラックバック

柳沢厚労相に擁護や注文=自民各派で発言相次ぐ
Excerpt: 少子化対策に関する一連の柳沢伯夫厚生労働相の発言をめぐり、8日開かれた自民党各派総会では擁護や注文の声が相次いだ。  柳沢氏が女性を「産む機械」に例えたことに対し高村派の高村正彦会長は「(柳沢氏は)..
Weblog: 今、話題のトップニュース!
Tracked: 2007-02-08 22:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。