2007年01月31日

悪夢よ もう一度 害務省ー大鳳会の謀略か?

bansankai.jpg

江沢民の無礼を忘れてはならない
平成10年(1998年)11月26日の宮中晩餐会にて



温家宝・中国首相、4月11日来日で調整2007年01月31日12時04分
 今春に予定されている温家宝(ウェン・チアパオ)・中国首相の来日について、日中両政府は、4月11日から4日間程度の日程で最終調整に入った。日本政府関係者が31日、明らかにした。中国側は訪問先として、京都など地方も希望している。また、中国首相としての初めての国会演説や、天皇・皇后両陛下との会見も要望しているという。

 日本側は、近く来日予定の李肇星(リー・チャオシン)外相との間で、さらに日程を詰める方針。中国首相の来日は、00年の朱鎔基(チュー・ロンチー)首相以来7年ぶりになる。
(asahi.com 2007年01月31日12時04分)


これがもし害務省ー大鳳会が絡んでいるとすると、平成10年の悪夢(シナ人による皇室侮辱)が再現されることになる。
※参考HP 國民新聞(平成10年12月)江沢民 天皇陛下に非礼

つい先日も朝鮮人による捏造映画の試写会に天皇・皇后両陛下が公務でご出席された。これも一説によると害務省ー大鳳会による陰謀との見方もあり、多くの憂国の士が懸念したとおり特アのプロパガンダに利用された。
※参考エントリー 韓国「天皇夫婦」報道一考 「博士の独り言」

大鳳会とは外務省に巣くう創価学会の集団である。
※参考HP 國民新聞(平成11年9月)・池田大作の野心と自自公(9)
※参考HP 國民新聞(平成13年7月)・創価学会 外務省に巣

創価学会の池田大作は「中国」を「親」、「朝鮮半島」を「兄」と崇拝する帰化人とのこと。
(「博士の独り言」による。)

その池田の息のかかった害務省(大鳳会)が皇室を貶める策略を計画している疑惑を払拭することはできない。


多くの憂国の士がこの策略を防止しなければならない。

外務省ホームページ(日本語)-ご意見・ご感想コーナー-

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ランキング参加中!
posted by @隼人正 at 14:10| Comment(10) | TrackBack(7) | 皇室関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
法務省もかなりヤバイと聞く
とくに人権擁護局あたり

はやり公明をなんとか解体に向かわせないといけないですね〜

選挙で公明に投票しないのは当然ですが!
Posted by sarah at 2007年02月01日 23:09
TBありがとうございます。
マスター、宮内庁は害務省の分室のようですね。やはり・・・・との繋がりでしょうね。試写会には福田氏も来ていましたから。・・・・と福田は繋がっていますから。それに・・・の親族には学会員がいます。
Posted by dmedakorea at 2007年02月01日 23:45
写真を見たらまた腹が立ってきました。
でも、今は微笑外交に気をつけないといけませんね。
Posted by sakuratou at 2007年02月03日 22:18
「あなたを忘れない」監督も在日!活発化する半島系発工作(2/18 20:30)

天皇皇后両陛下を不遜にもお招きした反日映画「あなたを忘れない」の監督も在日でした!

「世の中を生暖かく見守るブログ」様から2007年2月18日付けです.

「反日映画「あなたを忘れない」の監督が在日だった件について」

http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/cat_50014982.html

↑上記リンク先からの孫リンク先はこちら↓
民潭のサイトから

>> 日韓合作映画「あなたを忘れない」の監督 花堂純次さん 2006-11-29
http://www.mindan.org/comm/douhou_view.php?bbsid=5761&page=1&subpage=41&sselect=&skey

Web魚拓(っていうコピー機ですか?便利ですね)↓

http://megalodon.jp/?url=http://www.mindan.org/comm/douhou_view.php%3fbbsid%3d5761%26page%3d1%26subpage%3d41%26sselect%3d%26skey%3d&date=20070218104201

結局は仕組まれた工作だったと思っていいでしょう.

「プリンセス・マサコ」の件でも述べたように著者の妻・金森マユも反日日本人ですが,
↓こちら「パトス」様へのコメントによれば金森マユも在日韓国人3世とのことです.

http://blog.goo.ne.jp/shuuto7/e/71071c4cfb3df0142513e17eeceea007

(拙URLはこちら↓)
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/118885/

雅子妃殿下の父上・小和田恒氏も韓国シンパです.
(拙URLはこちら↓)
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/111808/

半島系発の工作が激化しているように思うのですが.

Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年02月18日 20:47
「株式日記と経済展望」様から
2006年9月30日
皇太子殿下ー雅子さまー大鳳会ー創価学会ー池田大作の
ネットワークが出来上がっている。皇室典範改正も創価の仕業?
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0697a47952954ab5d38dc01aadf0c991

「Lost and Found」様から
2007年03月02日
池田大作は帰化した在日朝鮮人と雅子妃創価疑惑
http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/50863545.html

是非検証が必要と思います.
事実であれば最早東宮ご一家はそろって廃嫡しかありません.

チャンネル桜掲示板様から
「反日組織、創価学会情報について」
(投稿順)
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=744&forum=1

(新着順)
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=744&forum=1&order=DESC
Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年03月04日 20:12
【こちら様から引用しました】
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi

無題 名前: 名無し [2007/04/09,15:07:54] No.35366 返信
>No.35364
>入園式直後のインタビューで
>「とっっっっっても素晴らしいお嬢様っっっ」と感動していた
>品のいいお婆様は、首都周辺で大変有名な創価学会の幹部さんでしたね・・・

この人そうかそうかだったんですか?
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,17:27:32] No.35400
そうか、そうか。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,17:30:01] No.35403
わざわざ「ごく自然で」と強調することが、余計に胡散臭さを助長させることをこのオバンは知らない。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,19:07:23] No.35428
この人ですね。記憶にあります。
あまりに感動した風で、しかもカメラを前にあまりに慣れた風だったので、俳優さんでも雇ったのかと思っていましたが、そうかの仕込でしたか・・・そうか

【当該画像】
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070409150754.jpg
【念のため魚拓】
http://megalodon.jp/?url=http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070409150754.jpg&date=20070409220500

Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年04月09日 22:17
無題 名前: 名無し [2007/04/10,00:06:27] No.35486
ごく自然っていうのは皮肉にとれなくもないような・・・
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,06:58:14] No.35499
なんだ草加ババァの仕込みかよ。
草加の孫はどんなヤツだ。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,13:39:59] No.35533
この方、小和田さんですよね?
創価学会員って本当なんですか?
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,14:00:12] No.35538
いや、小和田優美子はここまで品はない。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,14:52:00] No.35546
え?
どなたなんですか?
創価なんかがうろついてるなんて気味が悪いです。。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,14:56:14] No.35548
「自然なお嬢様」って、
「躾もされていない野生児」を
学習院風にお上品に表現したのかと思ってた。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,17:13:38] No.35562
この人、層化の人なの?
じゃ、東宮家に層化がぴったりというのは
本当だったのか?

>> 無題 名前: 名無し [2007/04/10,21:06:46] No.35587
選挙になると、都内のある区の公明党の車に鉢巻締めて乗っていらっしゃいますよ。ご近所でも有名な層化ババアさまでおられます。
>> (new) 無題 名前: 名無し [2007/04/10,21:17:07] No.35589
http://www.kanto-soka.jp/kakubu.html

この人かな?若い時の写真を載せている?髪をグレーにすると・・・

ちなみに日付は
2006年4月11日敬宮愛子内親王学習院幼稚園入園式登園光景を流したテレビ朝日「ワイド・スクランブル」等において
Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年04月10日 22:36
情報を

チャンネル桜掲示板様から
「反日組織、創価学会情報について」
【古い順】
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?forum=1&topic_id=744
【新着順】
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?forum=1&topic_id=744&order=DESC

「株式日記と経済展望」様から
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0697a47952954ab5d38dc01aadf0c991

「ド素人が行く!」様から
http://hakkiri-ie.iza.ne.jp/blog/entry/125530/

「日々の雑感」様から
http://likecoffee.iza.ne.jp/blog/entry/126934/

「日本が好きなだけなんだよ」様から
http://ameblo.jp/koramu/theme4-10002404605.html
http://ameblo.jp/koramu/theme3-10002404605.html
http://ameblo.jp/koramu/theme2-10002404605.html

「創価学会は北朝鮮宗教である」様から
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm

同じタイトルになっていますが
別の「創価学会は北朝鮮宗教である」様
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1098501751/l100

「私は創価学会員でした」様(無期限休止中)
http://blog.livedoor.jp/how_to_go/

Posted by ブルーフォックス@雅子妃のS会員疑惑に関連して at 2007年06月24日 12:38
ブルーフォックス@「雅子さまに届けられた三宝」だそうで

管理人様,1つ紹介させてください.
「器とワンコとダイビング様」から
雅子さまに届けられた三宝

こちら様は政治的なブログではありませんが,雅子妃の情けない行状としてご報告いたします.

http://yushyungama.blog41.fc2.com/blog-entry-73.html

さて,安倍政権のときはほんの少しのブレさえも叩きながら,雅子妃には実にお人よしな保守の皆様.
貴方方の目には「雅子さま」のなさることは悪いこと,恥ずかしいことだとは写らないのでしょうね.
ちょうど反日勢力が,アメリカ軍の空母の寄港には騒ぐのに中国の軍艦の寄港には知らん顔なのと同じですね.

Posted by ブルーフォックス@「雅子さまに届けられた三宝」だそうで at 2007年12月22日 21:14
ブルーフォックス@AERA 2007年12月31日・08年1月7日合併増大号から引用

管理人様,
AERAの2007年12月31日・08年1月7日合併増大号の特集の1つに「雅子さまへ20の質問状」
とありました.(朝日新聞からというのが気に入りませんが.)

http://www.aera-net.jp/

本当の病状
離婚の可能性
宮中祭祀への復帰…

雅子さまへの20の質問状

 1. 「着実に快方」は本当ですか
 2. 「適応障害」とはどんな状態ですか
 3. 具体的に治療をしていますか
 4. 過去のご静養、効果はありましたか
 5. 私的な活動は回復に向けた一歩ですか
 6. 周囲は「心の病」に理解がありますか
 7. 皇太子さまに全力で守られていますか
 8. 過去に流れた離婚説何だったのですか
 9. 「離婚」の可能性はあるのでしょうか
10. 「公園デビュー」はなぜ続かなかった
11. 08年は初等科入学今後の教育方針は
12. 育児アドバイザーはどのような方ですか
13. 悠仁さまのご誕生どう感じていますか
14. 愛子さまに妹や弟はできるのでしょうか
15. 地方への訪問は順調でしたか
16. どのような公務を再開されたのですか
17. 公務の出席・欠席基準はありますか
18. 宮中祭祀の復帰はまだ先になりますか
19. 雅子「皇后」として歩んでいきますか
20. 心からの笑顔が見られる日は気まますか

『大野裕教授。週に1度のペースで東宮御所を訪れ、雅子さまと向き合っているとされる。ときには日付が変わるまで話し込む日もあるという。』

『関係者によれば、紀子さまの第3子ご懐妊で、雅子さまは心理的に不安定な時期もあった。担当医の大野教授と明け方まで話し合ったこともあったという。』

さて,保守の皆様.これを
「左翼からの皇室攻撃だ.とるに足らない.」
と単純に片付けてはなりません.
敵は雅子妃の行状を利用し,そこにつけ込み始めたのです.
膿を出してしまわないと皇室は取り返しのつかないことになります.
Posted by ブルーフォックス@AERA 2007年12月31日・08年1月7日合併増大号から引用 at 2007年12月24日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「創価学会の美辞麗句」一考
Excerpt: ランキング(政治)に参加中 中共に何も言えない池田大作と創価学会! 恩師の「原水爆禁止宣言」50周年を栄光で飾れ 正義の神奈川が偉大なる闘争 聖教新聞 1月30日より ---------- 「原水爆..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2007-01-31 18:26

バチカンが赤い鐘を鳴らす…中共と法王庁の最終決戦
Excerpt: 赤い国に暮らす膨大な信徒…バチカンの共産国家に向けた新戦略がスタートした。中共はどう対処するか?そして、ローマ法王庁に反宗教国家の厚い壁を突破する秘策はあるのか?
Weblog: 東アジア黙示録  
Tracked: 2007-01-31 19:51

中国ボケがインドを笑う その1
Excerpt: 先日NHKスペシャルで「インドの衝撃 第3回 台頭する政治大国」という番組をやっていました。第1回、第2回は見逃したのですが、なかなか興味深い内容でした。以下、番組の案内です。   21世紀にはアメリ..
Weblog: 櫻党EX
Tracked: 2007-02-03 22:19

「プリンセス・マサコ」著者の妻は反日日本人・金森マユ(ひとまず記事まとめ)
Excerpt: 「プリンセス・マサコ」日本語版、講談社が中止 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/39619/ まずはよかった. さて,著者のオース..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-02-17 13:25

雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機(1/30 22:00)
Excerpt: (1月30日22時00分加筆修正) 雅子妃の愛読書は大江健三郎との疑惑. 仮説:祭祀欠席の真意は日教組教師の反「日の丸」「君が代」「愛国心」と同根? 余り知られていないことですが,雅子妃殿下は意外と反..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-02-18 08:45

公教育と安倍総理の教育改革を妨害する次代の両陛下[3/7 9:00]
Excerpt: [3/7 9:00追記] ★人の上に立つ人が負う義務と責任 ★ご皇族はその御身分=職務 ★愛子内親王を叱らないとは ★国民に悪しき範を示している東宮ご一家 ★教育現場が迷惑する. ◆ 雅子妃の 行状の..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-03-07 18:27

徳仁天皇が国益を損ない,かつ女性・女系派を勢いづかせはしないか?
Excerpt: 徳仁天皇が即位すれば国民の皇室への権威が失墜することは火を見るよりも明らかでしょうが,他にも心配の種は有ります. それは,特定アジア3国や反日・売国・左翼勢力による皇室の政治的利用にまんまと乗せられか..
Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う
Tracked: 2007-04-22 00:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。