2007年01月30日

目くそ鼻くそを笑う−柳沢厚労大臣にフェミニスト議員が抗議

タガ緩む安倍政権 不規則発言乱発、波乱含み国会幕開け
 安倍政権のタガの緩みが深刻だ。安倍首相が少子化対策で大号令をかければ、担当の柳沢厚労相が「(女性は)子供を産む機械」と失言。首相が通常国会で教育3法案の成立をめざすと明言すると、側近の下村官房副長官が会期内成立にこだわらないと公言。日米関係でも、久間防衛相が連日のように米政府批判を繰り返す。国会では29日から与野党の論戦が始まったが、内政と外交の主要課題で政府が次々に攻撃材料を野党に提供する負の連鎖が続く。

 「女性を機械に例えることは『産めよ殖やせよ』にも通じ、女性の人権を踏みにじるものだ」

 民主、共産、社民の野党3党の女性議員16人は29日、国会内で柳沢氏と会い、厚労相辞任の要求書を手渡した。柳沢氏は「女性の存在を否定するような発言をして傷つけたことは謝る」と平身低頭だった。
(asahi.com 2007年01月29日23時38分)


女性を機械に例えることはまさに唯物史観ですね。

それを唯物史観のフェミニストが叫弾する。面白い構図ですね。

この柳沢という人は自民党に所属しているが発想は保守主義ではないですね。完璧に厚生労働省の赤い官僚に洗脳されていますね。

そもそも、年金制度を拡充するということは「社会主義的」発想なんですよ。
家族がしっかり親の面倒を見るべきでしょ!

したがって、年金制度維持のために子供が必要だという発想自体が「社会主義的」で家族制度の崩壊を助長している政策なんです。

これまた、家族制度の崩壊を「夫婦別姓」というシナや朝鮮の文化を日本に取り入れることにより達成しようとしている福島瑞穂が非難しているのもこれまた滑稽に写ります。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ランキング参加中!


posted by @隼人正 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

謙虚な“内省”が自分を大きくする・・・愚かなライオンの群れに並んではいけない
Excerpt: 久々に7時間近く寝たので、朝は気持ちよく起床できた。ハムエッグとおむすび2個を口に入れ、ネクタイを締めていざ出発。車に乗る直前、隣家の木にふと目を遣ると瑞々しい蜜柑が見送りをしてくれていた。今年は例年..
Weblog: 八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)
Tracked: 2007-02-01 20:59

産む機械 で、審議拒否 ふざけた野党
Excerpt: 余りにもふざけた野党の行為に腹立たしく、各党にMAILしました。 MAILの内容は以下の通りです。 私は、間違った考え方をしてるのでしょうか? 各党の方に、初めてMAILさせて頂きます。 ..
Weblog: カレンダーブログ
Tracked: 2007-02-03 22:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。