2007年01月18日

犬が去って豚がきた-小沢民主党

中国共産党・王氏「拉致は日朝で解決を」

 民主党は17日、中国共産党との定期協議機関「交流協議機構」の2日目の会合を都内のホテルで開き、小沢一郎代表ら幹部が王家瑞対外連絡部長らと意見交換した。

 王氏は、北朝鮮による拉致問題について「日本の関心を理解し、北朝鮮に伝える努力をしているが、最終的には日朝間で解決しなければならない」と述べ、日朝間の対話を進めるべきだとの認識を示した。

 北東アジアの安全保障問題では、民主党の前原誠司前代表が「周辺国は中国の軍事力増強に関心を寄せている」と指摘。中国側は「外国を攻めるつもりはない。国土や人口でみれば、米国や日本と比べてもはるかに少ない」と説明した。

 また靖国神社参拝について、民主党の出席者は「国内問題として適切に解決したい。民主党政権なら首相や官房長官、外相は参拝しない」と説明。中国側は「(中国側の)感情や状況を理解してほしい」と述べた。

(Sankei 2007/01/17 19:20)


チョット前まで小沢民主党は「犬」をCMに起用していた。

今度は中共という豚だ!!

台湾人はうまく言ったものだ!

ブログパーツ
banner_01.gif
↑「犬が去って豚がきた」小沢民主党という方は是非クリックを!




posted by @隼人正 at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

いま放送している民主党のCMも笑ってしまいますね〜。よくもまあ、あんな下らないCMを流すものだと思います。国民をバカにしているのかな?
Posted by 小龍景光 at 2007年01月19日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31596725

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。