2007年01月14日

対シナ外交における安倍総理

 
20070114-04952442-jijp-int-thum-001-small.jpg



会談を前に中国の温家宝首相(右)と握手する安倍晋三首相。温首相はこの中で、4月上中旬に訪日する意向を表明。両首脳は2001年10月以降途絶えている首脳相互訪問の復活を確認した(14日、セブ)

(1月14日(日)20時23分 時事通信)


欧州歴訪ではシナに対する「EUの武器輸出禁止措置」の継続を訴えていた安倍総理。
何を話したのだろう。


毎日(侮日)新聞によると

<安倍首相>温家宝首相と会談 首脳の相互訪問再開で一致

 【セブ(フィリピン中部)西田進一郎】東アジアサミットなどに出席するためフィリピン訪問中の安倍晋三首相は14日午後、セブ・マクタン島のホテルで中国の温家宝首相と約1時間会談した。温首相は4月上中旬に訪日する意向を表明し、小泉純一郎前首相の靖国神社参拝問題などで01年10月から5年以上途絶えている首脳相互訪問を、日中国交正常化35周年の節目にあたる今年再開させることで一致した。北朝鮮による拉致問題では、安倍首相が理解と協力を要請したのに対し、温首相は「必要な協力はしたい」と応じた。
 温首相の訪日が実現すれば、中国首脳の訪日としては00年10月の朱鎔基首相(当時)以来となる。温首相訪日は、安倍首相が昨年10月の訪中の際、胡錦濤国家主席と温首相の訪日を招請し、中国側も同意していた。
 会談で温首相は、自身の訪日を表明するとともに、安倍首相に対し「今年後半」の訪中を招請。安倍首相は「温首相訪日の成果を踏まえて検討したい」と述べた。また、両首脳は日中の経済閣僚会議の開始で合意した。


 歴史問題では、両首脳は昨年12月に始まった日中歴史共同研究を歓迎。温首相が「本年は(日中戦争の発端となった盧溝橋事件、南京虐殺から70年という)歴史的に敏感な年なので、歴史問題を適切に処理したい」との考えを示したのに対し、安倍首相は「歴史を謙虚に振り返り、戦後60年の平和国家としての歩みを中国国民にも理解してほしい」と求めた。靖国神社参拝問題には双方とも触れなかった。
 北朝鮮の核問題では両首脳は解決に向けた緊密な連携を確認した。だが6カ国協議について、安倍首相が「北朝鮮が金融問題に固執したため実質的進展が得られなかった。北朝鮮に態度を改めるよう促してほしい」と要請したのに対し、温首相は「6カ国協議での協力を推進したい」と述べるにとどまった。拉致問題では安倍首相が「わが国にとって重大な問題。具体的進展があれば日朝間の信頼回復への大きな一歩になる」と訴え、温首相は「日本国民の関心は理解している。必要な協力をしたい」と応えた。
 このほか日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りについて、安倍首相が「中国から好意的対応を得たい」と協力を要請。温首相は「日本が国際社会でより大きな役割を果たしたいとの願望を理解した」と述べるにとどめた。東シナ海のガス田開発問題では共同開発の方向で早期解決を目指すことを確認した。
 14日行われた安倍晋三首相と中国の温家宝首相の会談要旨は、日本外務省によると次の通り。
 <首脳の相互訪問>
 温首相 4月上旬か中旬に訪日したい。安倍首相に07年下半期の訪中を招請する。
 安倍首相 4月の温首相の訪日の成果を踏まえて検討したい。
 <歴史問題>
 温首相 歴史的に敏感な年なので、歴史問題を適切に処理したい。
 安倍首相 過去の歴史を謙虚に振り返る。60年の平和国家としての歩みを中国国民にも理解してほしい。
 <北朝鮮問題>
 安倍首相 6カ国協議は実質的な進展が得られなかった。中国からも北朝鮮に態度を改めるよう促してほしい。
 温首相 日中間で緊密に連携していきたい。
 安倍首相 拉致は重要な問題であり、具体的な進展があれば日朝間の信頼回復の一歩となる。
 温首相 日本国民の関心を理解している。必要な協力をしたい。
 <東シナ海ガス田>
 両首相 共同開発に向け早期に解決することを確認。防衛当局間の連絡体制強化で一致。
 <経済協力>
 両首相 日中経済閣僚会議の開始で合意。


(1月14日21時24分配信 毎日新聞)



あれー?毎日(侮日)新聞にしては結構普通に報道しているなー。
この記事を読む限り、安倍総理は媚中行為はしていないようです。

まあ、「南京事件」70周年で変なプロパガンダを推し進めるようだったら、シナに訪問する必要は無いぞ!安倍総理!!

ブログパーツ
banner_01.gif
↑安倍さん!!ちゃんと靖国行けよ!!と言う方は是非クリックを!
posted by @隼人正 at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | シナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうは欧州まで時事通信が家宝を復活したかったの♪
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2007年01月15日 14:44
ねっ?一見普通でしょう?でもまだわかりませんよ、あたしのエントリーでも見てきたとおり一見普通の記事に重大な内容のスルーがあったりするんですからね。産経の記事との比較が待たれます。
Posted by マルコおいちゃん at 2007年01月15日 20:39
最近の政治や世界情勢に関するニュースは、いまどきの朝日や毎日といった新聞ではよく伝わらない。首相官邸ホームページとか政府インターネットテレビ(動画あり)の方が、緊迫感や、客観情勢、写実によるニュース性が如実にあふれていて秀逸。最近の新聞記者連の偏向的な頭脳から出る舌足らずの記事など、最初からもう低レベルとしか云いようがない。今更格調の高い記事をと望んでも、基礎がないから無理な話か。
Posted by takasktt at 2007年01月19日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。