2007年01月04日

公安の頑張りを期待する!

20070104-00000065-fnn-int-thumb-000.jpg

北朝鮮・金総書記自身が日本を痛烈に批判「反総連策動をますます露骨化させています」
北朝鮮では大みそかの夜、11時59分から1分間、金正日総書記を崇拝する映像を流し続けた。
朝鮮中央放送では、年明け早々のあいさつでも、「敬愛する将軍さまは、堂々たる核保有国の地位に立たせてくださり、その威厳と威力を世界中にとどろかせてくださいました」と金総書記を称賛している。
北朝鮮は、強硬姿勢を取り続けており、3日には、金総書記自身が日本を痛烈に批判した。
朝鮮中央放送は「偉大なる領導者・金正日同志は、次のように指摘している。日本反動らが現在、反共和国策動とともに、反総連策動をますます露骨化させています」と報じた。
コリア・レポートの辺 真一編集長は「日本の対北朝鮮政策をここまで激しく露骨に非難したということは、本当に珍しいことなんですね。金総書記の言葉というのが、非常に重みを持つと。それ以外に、日本に対する対抗措置を持ってないんですよ」と話した。

[4日20時15分更新] (FNN より)


これはまさに昨年からの公安による総連に対する一連の捜査が効いていることを総書記自ら吐露しているのではないのだろうか。


ところでFNNでは


hen.jpg「日本の対北朝鮮政策をここまで激しく露骨に非難したということは、本当に珍しいことなんですね。金総書記の言葉というのが、非常に重みを持つと。それ以外に、日本に対する対抗措置を持ってないんですよ」

と言っていますが、テレ朝では「日本の外交が手詰まり」といったコメントをしていたような気がする。

でも、この人は「國民新聞」では二枚舌の辺真一 北朝鮮と底通か なんて言われているから納得。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑六ヶ国協議に頼らず日本は公安の力で総連を締め上げよ!に賛成の方は是非クリックを!


posted by @隼人正 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「武力衝突ラインに肉薄」=対日敵意むき出し??北朝鮮機関紙
Excerpt: 1月4日17時0分配信 時事通信  【ソウル4日時事】北朝鮮の平壌放送によると、労働党機関紙・労働新聞は4日、「倭国(日本の蔑称=べっしょう=)の対朝鮮敵視政策は限界を超えている。事実、朝日関係は現..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2007-01-04 21:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。