2006年12月24日

John Lennon - (War is Over ) Happy Christmas



まずは、ゆっくり名曲をご堪能ください!


(Happy Xmas Kyoko Happy Xmas Julian)

So this is Xmas  And what have you done
Another year over  And a new one just begun
And so this is Xmas  I hope you have fun
The near and the dear one  The old and the young

A very Merry Xmas  And a happy New Year
Let's hope it's a good one  Without any fear

And so this is Xmas  For weak and for strong
For rich and the poor ones  The world is so wrong
And so happy Xmas  For black and for white
For yellow and red ones Let's stop all the fight

A very Merry Xmas  And a happy New Year
Let's hope it's a good one  Without any fear  

And so this is Xmas  And what have we done
Another year over  A new one just begun  
And so happy Xmas We hope you have fun
The near and the dear one  The old and the young

A very Merry Xmas  And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear
War is over, if you want it  
War is over now Happy Xmas

(ジョン・レノン 「ハッピークリスマス War is over」)


1971年の作品である。このメロディーは日本においてもクリスマスソングの定番となっている。

この曲の歌詞ではないが「右の人も、左の人も」この曲を聴いて心は和むと思う。

内容は「イマジン」と同様に「反戦ソング」である。時代背景として、ベトナム戦争、東西冷戦を対象としているのであろう。

しかし、時代は移り東西冷戦構造は崩れ、北朝鮮の核開発により東アジア地域の平和と安全が大きく崩れつつあるとともに、日本は隣国と領土問題を抱えたままである。

日本の隣国は南北朝鮮・支那・露西亜そして海を隔てた米国である。

この日本の隣国6カ国が北朝鮮の核を巡り、18日から5日間の会議が何の成果も無く終了したようだ。

考えてみると一般市民などがこのレノンの歌を理解できるのは日米の2か国だけのような気がする。
また、政府の姿勢とするならば日本の1ヶ国だけであろう。

日本のみが戦後60年武力紛争をしていないし、武力により他国の領土を実効支配することも無かった。
まさにジョンレノンの精神を体現している国家が日本と言えるのである。

しかし、東アジアにおけるパワーオブバランスは、北の核保有だけではなく、支那の経済力発展に伴う軍事力の近代化、この結果としての日米同盟の有事における無力化が考えられるのである。

先に述べた、レノンの精神を理解できるのは日米のみといったが、極東有事の際、米国民が自国の有事への参加に100%賛成するのだろうか?世論の動向いかんによっては日米軍事同盟は無力化する可能性が大なのである。

その際、ならず者国家からの恫喝に対しての防御策としての日本の核保有は早急に検討しなければならないのでしょう。平和国家を実践してきた日本こそが「国防目的」での核保有が認められると思います。

そうしなければ10年後このジョンレノンの名曲を聞く状況ではなくなる可能性もあると思います。

最後にもう一度別バージョンをお聞きください。


↑日本国憲法が前文にて信頼する「平和を愛する諸国民の公正と信義」の現状

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ハッピークリスマス(会議is over)にするな!ってかたは是非クリックを!

posted by @隼人正 at 15:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆ Merry Christmas ☆
(ポチ)押しました。でわ。
Posted by makuri at 2006年12月24日 23:00
感動物の”War is Over”をありがとうございます。I don't want the our conference room(Lai Lai ken) to OVER,so click one and more.
Posted by ケイさん語録 at 2006年12月25日 00:05
TBありがとうございました。
ヨーコは日本の誇りって私がいったらおいちゃんは埃だっていったんですよ。
Posted by 蓮 at 2006年12月25日 07:27
きょう、名曲堪能ー!
まずは@隼人正はここで名曲とか堪能された!
Posted by BlogPetの因幡の白兎 at 2006年12月25日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6ヵ国協議のメルトダウン…北京の8時間、米朝の暗闘
Excerpt: 5日間にわたる6ヵ国協議は完全な失敗に終わり、枠組みを問う声も噴出…3年半のムダな歳月だった。6人の代表者をよそに、米朝の金融担当者は不気味な交渉を続けた。焦点は謎の8時間だ。
Weblog: 東アジア黙示録  
Tracked: 2006-12-25 03:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。