2006年12月10日

【速報】台北・高雄市長選結果

 
20061209-00000032-ann-int-thumb-000.jpg

次期総統選挙前哨戦 台湾市長選で国民党が1勝1敗
 
 台湾で、台北など二大都市の市長選挙が行われました。中国との融和路線を進め、優勢とみられていた野党・国民党は、台北では勝利したものの、高雄では予想外の敗北です。

 事前の世論調査では、常にリードを保っていた野党・国民党。高雄での思わぬ敗戦に、党幹部らは、まるで惨敗を喫したような表情です。今回の選挙は、台湾独立路線の与党・民進党と中国との融和を掲げる野党・国民党の候補が正面からぶつかる展開となりました。選挙戦では、陳水扁総統周辺で相次いだ金銭スキャンダルの影響で、民進党に強烈な逆風が吹き、与党の支持基盤である南部の高雄でも、国民党が市長ポストを奪う情勢でした。しかし、終盤の猛烈な追い上げで、形勢が逆転しました。一方の国民党は、台北は制したものの、高雄で与党の牙城を崩せなかったことで、戦略の見直しを迫られることになります。

ANN[10日1時42分更新]


今回の市長選は陳水扁総統の身辺の金銭スキャンダルで台北・高雄両方とも民進党の苦戦が予想される中で、台北は国民党候補でしたが、民進党牙城の高雄では死守したようです。

20061122-04850647-jijp-int-view-001.jpg

取り合えず乾杯!!

台湾の人にすれば「外省人」というのは、日本で言えば「在日」みたいなものではないかと思うのです。
したがって、国民党=在台外国人政党に対する不支持は強固ではないかと思います。


そもそも、日本のポツダム宣言受諾により、日本軍は無条件武装解除・台湾などの「本土」以外の領有権放棄をしたわけです。
その後、日本軍の武装解除の確認のため蒋介石軍が台湾に進駐したわけです。
しかし、ポツダム宣言にある「カイロ宣言」の正式名称はCairo Communiqué であり、チャーチル・ルーズベルト・蒋介石の署名はおろか、文書も残っていない単なるプレスリリースだったのです。

この事実は「台湾人」にとっては重要な(そして日本人にとっても)ことなのです。「カイロ宣言」にて、日本は台湾を「中華民国」へ返還する事になっているからです。
国連で「中華民国」の継承国である「中華人民共和国」が台湾の領有を主張することは「一つの中国」の原則がある限り、台湾は「中華人民共和国」のものであるわけです。



産経を愛する全ての方へのお願い
【転送、転載もお願いします!】


                   
東京都 熱烈な産経ファン


このたび産経新聞の広報部は、「カイロ宣言」に関する誤報を訂正をしない意向を表明しました。これでは中国の歴史捏造を承認したことになってしまいます。
産経新聞は日本の希望の星です。誤りは堂々と訂正して、朝日新聞とは全く違いことを、はっきり見せて欲しいと思います。
私の意見に賛同される方は、下記「要望書」を産経新聞社にメールで送ってください。実名を入れていただいても、もちろん結構です。
ご協力をよろしくお願い申し上げます!

送り先:産経新聞社広報部 u-service@sankei.co.jp

問題の記事:http://www.sankei.co.jp/c20/200611/c20061127000.htm

――――――――――――――――――――――――――――――――――

              
要 望 書


産経新聞社御中

貴紙は11月27日の「20世紀のきょう」の欄で次のように記述されました。

「カイロ宣言(1943・11・27) 第二次大戦連合国側のルーズベルト大統領、チャーチル首相、蒋介石主席の米英中首脳がカイロで会談。この日、日本に対して無条件降伏を要求するなどの方針を決めた文書に署名した。」

しかしカイロ宣言なるものは単なるプレスリリースであり、「署名した」というのは事実ではないのです。カイロ会談はすでに26日に終了しており、そこからも署名はなかったことがわかります。そして現在に至るまで、署名された文書の存在も全く確認されていません。

つまりこれは「日本の中国への台湾返還」を謳う同声明を、あたかも署名入りの国際条約であると宣伝し、それを台湾領有権の最大の根拠としている中国のデッチ上げなのです。

信頼の高い貴紙までが、このようなことを書かれては、中国が捏造した歴史が真実として定着してしまいます。産経新聞までが朝日新聞のようになることは、日本にとって大きな損失です。

どうか速やかに訂正の記事を書かれ、貴紙ならではの勇気と良識を天下に示してくださいますよう、心からお願い申し上げます。

                     
産経新聞を愛する読者より


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

(メルマガ 「台湾の声」より)


ブログパーツ
banner_01.gif
↑台湾は独立国であると思った方は是非クリックを!

posted by @隼人正 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。