2006年11月07日

給食費は教育費なのか?

徴収金未納で鹿児島県内小・中学校 担任に「取り立て競争」も 県教組調査

 県内の小、中学校で給食費など徴収金の未納家庭に対し、担任教師が職場を訪問して徴収したり、“取り立て”を競わせる学校があったことが、県教職員組合の調査で明らかになった。未納がいじめの原因になった事例もあり、県教組は鹿児島市で4日から開かれた県教育研究集会で報告。調査結果を40年ぶりとなる「教育白書」にまとめる方針だ。

 調査は小、中学校の教職員と保護者に対し8‐9月に無記名で実施。徴収金未納などについて教職員1340人、保護者779人から回答を得た。

 徴収金の未納があると答えたのは、学級担任教諭957人中、399人(約42%)。うち83人の教諭が自分で立て替え、132人は督促などを行っていた。190人が未収金のままだった(重複回答)。

 督促の方法はほとんどが電話や文書だが、中には家庭、職場への訪問も。「卒業アルバムと引き換え」として、結局アルバムを渡さなかった例や、管理職が「回収できなかったら担任の責任」と発言したり、職員室の黒板に学級ごとの徴収金残高を書き出し、担任に“取り立て”を競わせたりした例もあったという。

 未納が原因で、子どもが「食い逃げ」「給食泥棒」などといじめられたという指摘もあった。

 また教職員の80%以上が「保護者の経済力が子どもの学力格差に影響している」、保護者の約60%が「教育費を負担」と感じていると回答した。

 県教組は「この生の声を通じて教育予算の増額保護者負担の軽減を訴えていきたい」と話している。

=2006/11/06付 西日本新聞朝刊=
(西日本新聞) - 11月6日10時10分更新


この生の声は給食費の不払いとその取立てに関するアンケートなのになぜか結論が「給食費」の話が「教育費」にすりかわっています。

教育予算の増額は給食のためなのか?保護者負担とは給食費なのか?
この飽食の時代、給食というのが本当に必要なのかを考えるべきですね。

経済力格差が学力格差を生むのは、給食費を取り立てられるの逃れるため勉強ができないのか?
そうではないですね。公教育のみでは保護者は足りないと認識しているため、塾などの私教育が必要なためですよね。
公教育のカリキュラムをいかに充実させるかが重要でしょ。

日教組だろうがその下部組織の県教祖だろうが、教師が自身が自分のことを労働者と考えていては、生徒からも保護者からも尊敬されるわけもなく、独立した気概を持った師範たるべきかと思いますけどねー。

ブログパーツ

banner_01.gif
↑ランキング参加中!


posted by @隼人正 at 00:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 教育制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上司が米国留学した時に、メキシコ系の移民学生が給食費を払えずに昼休みにグランドで遊んで時間をつぶしていたそうです。教師によると「払わない人は食べられない」とにべも無く答えたそうです。「権利と義務」といった当然のルールを守る米国社会の一端を垣間見たと感じたそうです。

日本も給食を登録制にして学期前に給食か弁当か外食かを各家庭で決めさせれば良いのでは?変な平等主義は制度を歪にさせます。食事と義務教育は別ですから、給食費と教育費を混同するとは全く可笑しな論理展開ですね。
Posted by ぱとり夫 at 2006年11月07日 19:19
ぱとり夫さん
コメント有難うございました。
>給食を登録制にして学期前に給食か弁当か外食かを各家庭で決めさせれば良いのでは?

まさにおっしゃるとおりです。
また、これへの反論としては、いじめの原因になる可能性を問われるかと思いますが、そもそもいじめの問題は「道徳教育」をきちっとすればよいのです。
Posted by @隼人正 at 2006年11月07日 19:26
情けない話です、まったく。
同じ親としてまったく理解できません。

経済的な難しい場合はきちんとした審査をして、我侭で払わない場合はきちんと法的に差し押さえる等の強制措置を取るべきでしょうね。

状況がまったく違いますがNHKの受信料も強制措置ちらつかせたら払う人が増えたそうですからね。


Posted by 農民 at 2006年11月07日 19:48
農民さん コメントありがとうございました。

>法的に差し押さえる等の強制措置を取るべきでしょうね。

払わない親の属性を知りたいですね。
結構、在日とか同和とか左翼だったりするような気がします。


Posted by @隼人正 at 2006年11月07日 22:07
とっくの昔に給食なんか止めるべきだったんです。
メタボリックシンドロームばっかの餓鬼に、
どうして飯食わさないかんの?

親が自分の子供に弁当を作るべきです。
Posted by 佐衛門 at 2006年11月08日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。