2006年10月25日

たかり放題の現実

給料をドロボーしながら、実質自ら経営する建設会社の仕事を奈良市にたかっていた男は、それだけでは足りなかったようです。

これで同和とやくざは変わらないということが判明しました。

長期病欠の奈良市職員、高級外車の傷を市に補償要求

 病気を理由に5年間で8日しか出勤しなかった奈良市環境清美部の男性職員(42)が、病気休暇中の今年8月、運転していた外国製高級スポーツカーが市道の段差で傷ついたとして、市役所を訪れ補償を求めていたことがわかった。

 市によると、職員は8月9日、市道から県道に出る際、8センチの段差で底をすり、特殊なナットが損傷するなどした。市道の穴にタイヤがはまるなどして車に損傷が生じた場合、補償することはあるといい、市は今回も補償する方針。
(読売新聞) - 10月25日3時8分更新


ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

公務員の不祥事
Excerpt: 奈良の病欠職員 事なかれ主義なかったか(25日、産経新聞社説より) 「病欠」職員
Weblog: 日本大好き
Tracked: 2006-10-27 00:14

【奈良・部落解同市職員】 "5年休んで給与2700万"職員の実名、NHKが報じる
Excerpt:  奈良市の職員が病気などを理由に5年余りの間に8日しか勤務していなかった問題で、この職員は、実質的に自分が経営する会社の営業活動などのために、市役所にたびたび出入りし、この5年間で2億5000万円に上..
Weblog: ごんた日記。
Tracked: 2006-10-28 16:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。