2006年10月24日

「報道の自由」より「報道機関としての良心」を優先させろ!

戦前の英国であれば軍艦などを派遣して取り戻すべき拉致被害者です。
戦後の例でも米国はイラン大使館の人質奪還のため特殊部隊をへりで派遣したりしています。

NHKは国民の受信料で成り立っているわけですが、その受信料は法律の定めとなっています。これは半分国営放送とも言えるわけです。
ただし、時の権力に迎合することが内容今の制度になっているのかもしれませんが、北朝鮮の拉致問題は国民全体で解決すべき問題です。特に公共機関は。

そういった意味では「命令」される前に実施すべきことでしょう。
また、報道機関としての最低限の良心ではないかと思います。

例えば、誘拐事件がある場合は報道協定で「事件が発生していることがわかっていても」報道しません。これは、人命優先といった「良心」が「報道の自由」よりも優先しているわけです。

今回の場合は北朝鮮に誘拐された人たちに対しての「日本国」としてのメッセージを送ろうというわけですから、NHKだけではなく日本の報道機関全てが積極的に報道するという「報道協定」をしても言いぐらいの問題ではないかと思います。

安倍政権は「拉致問題」で誕生したようなものですから「拉致問題」に協力するということは現政権に対して有利となり、「中立性」が失われるという指摘もあるかもしれませんが、「拉致議連」のメンバーは自民党だけではありませんから「中立性」は保てます。

放送命令に理解求める=「拉致被害者救出の観点で対処」−安倍首相

 安倍晋三首相は24日午後、菅義偉総務相がNHKに対し、短波ラジオ国際放送で北朝鮮による拉致問題を重点的に扱うよう命じる方針を示したことについて「北朝鮮で救出を待っている被害者のために何ができるかという観点から、みんな考え、適切に対処していくと思う」と理解を求めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 
(時事通信) - 10月24日19時1分更新


安倍首相が理解を求めること自体がおかしいのかもしれません。

拉致問題で放送命令へ=来月審議会に諮問−菅総務相

 菅義偉総務相は24日午前の閣議後記者会見で、NHKに対し放送法に基づき、短波ラジオ国際放送で北朝鮮による拉致問題を重点的に扱うよう命じる方針を明らかにした。11月8日に開く電波監理審議会(総務相の諮問機関)に諮問し、答申を踏まえて速やかに実施したい考え。ただ、野党や有識者のほか、与党内部からも「報道の自由を侵害する恐れがある」などと慎重な対応を求める声が出ており、議論が一段と高まりそうだ。 
(時事通信) - 10月24日13時0分更新


>ただ、野党や有識者のほか、与党内部からも「報道の自由を侵害する恐れがある」などと慎重な対応を求める声が出ており

というのは野党であれば「社民党」「共産党」、与党内部は「公明党」と山拓、加藤紘一、河野洋平などでしょう。
「報道の自由」とは何か常識(コモンセンス)で考えて欲しいものです。


ブログパーツ

banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

当然の結論です
Excerpt: 拉致問題の解決を目指し、一人も欠けることなく全ての被害者を奪還するためにできることは全て行うべきです。 この世の地獄でもある北朝鮮に拉致されている皆さんを励まし、救出への希望を持っていただくためにもN..
Weblog: 大和心を人問はば・・・iZa版
Tracked: 2006-11-02 18:55

当然の結論です
Excerpt: 拉致問題の解決を目指し、一人も欠けることなく全ての被害者を奪還するためにできることは全て行うべきです。 この世の地獄でもある北朝鮮に拉致されている皆さんを励まし、救出への希望を持っていただくためにもN..
Weblog: 大和心を人問はば・・・iZa版
Tracked: 2006-11-02 18:58

NHKよ良識を示せ
Excerpt: 拉致問題の解決を目指し、一人も欠けることなく全ての被害者を奪還するためにできることは全て行うべきです。 この世の地獄でもある北朝鮮に拉致されている皆さんを励まし、救出への希望を持っていただくためにもN..
Weblog: 大和心を人問はば・・・iZa版
Tracked: 2006-11-02 19:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。