2006年10月15日

普通の国になりつつある

核武装「大いに議論を」=船舶検査法、見直し必要
−中川自民政調会長


 自民党の中川昭一政調会長は15日、テレビ朝日の番組に出演し、北朝鮮の核実験実施表明について「日本が攻められないようにするために、その選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと(いけない)」と述べた。
 また中川氏は番組終了後、記者団に対し、自衛隊による船舶検査を定めた周辺事態法と船舶検査活動法に関し「かなり大幅な見直しが必要だ」と指摘。具体的には、(1)船長などの同意なしには船舶検査が行えず実効性に欠ける(2)周辺事態であっても地方の空港、港湾の使用権限が国にない−などの問題点を挙げた。ただ、「今国会で(改正案を成立させる)ということは難しい」と語り、来年の通常国会に向けて検討を進める考えを示した。 
(時事通信) - 10月15日17時0分更新


私の記憶が定かであれば西村真悟は何年か前に同じような発言をして防衛副大臣(当時は政務次官かもしれません)をくびになった記憶(しかも史上最短のクビ)があります。

今でも新聞記事になるくらいですからアレルギーはあるのでしょうが、当時と比べればかわいいもんですね。
日本も普通の国になりつつあるのでしょう。
これも小泉さんがある意味レールを敷いたような気がします。

私の考えは日米安保がある限りは(日米安保が信頼できるものであれば)核は不要と思います。
ただし、「唯一の被爆国だからこそ持つべきではない!」という意見には大反対です。この心境に達するにはアメリカを含む当時の連合国(つまりは今の国連常任理事国ですね。)の全てが日本に謝罪したら、つまり「私たちは二度と過ちを犯しません。」と宣言するならば、「被爆国」として「非核」を主張しても効果があると思うのです。
なにしろ彼らの論理は「終戦を早めるために原爆を投下した」と信じて疑っていないわけですから。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!
posted by @隼人正 at 22:02| Comment(8) | TrackBack(2) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたお邪魔します。

北朝鮮が相手の限りアメリカは安全ですから核の傘も提供してくれるでしょう。
 しかし、考えたくもないけれど、相手がシナだったら、日本に核兵器が飛んできたときにアメリカが報復してくれるとは思えない。それはアメリカ自身も核攻撃を覚悟することだから。そのときになったら、一発ぐらい辛抱してくれと言われそうな気がする。

 核兵器の使い方は、実際に飛ばす事ではなく、使う能力がある者が使うかもしれないと思わせて脅迫する方法が取られるだろう。
 そう考えると、北朝鮮の核も質が悪くても爆発するシロモノさえできれば、あとは船に積んで日本に向かえばよい。攻撃を受ければこの場で爆発させると言われた場合に、米軍は躊躇せずにそれを撃沈できるだろうか。日本が対策会議でも開いているうちに、アメリカの艦隊は安全な海域へ避難して日本の結論を待つ。そのうちにその特攻船は佐渡か新潟あたりに到着してしまうだろう。

 ミサイル搭載型ができた場合には勝負はもっと早い。非核三原則どおりなら、米軍の核兵器は太平洋のかなたにあるので対応できない、巡航ミサイルだって北朝鮮のミサイル発射基地に着くまでに、あちらのミサイルは発射されてしまう。

 詰まるところ何事も人任せではうまくいかないということだ。
Posted by 無感動老人 at 2006年10月19日 21:07
無感動老人さんコメントありがとうございます。

野党も含めた日本の政治家がこのような意識を持たなければいけませんね。

だからこそ、「胸襟を開いて」日本政治家が「核武装論」を真剣に討議しなければなりません。
Posted by @隼人正 at 2006年10月19日 23:18
TB有難うございました。正鵠を得た語主張時折楽しませていただいております。今後ともよろしく。
Posted by hoihoihoi at 2006年10月20日 10:58
無感動老人さんに導かれてやって参りました。
「タブーに触れてはならぬ」と言う所から少しは前進していますね。
ネットの発達でマスゴミの支配力に陰りが出てきた為でしょう。
質の高い発言を続けて行くことが、この国の正常化に貢献すると思います。
Posted by あるぱか at 2006年10月21日 01:28
hoihoihoiさんコメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。
Posted by @隼人正 at 2006年10月21日 23:27
あるぱか さんコメントありがとうございます。
>質の高い発言を続けて行くことが、この国の正常化に貢献すると思います。

まさにおっしゃるとおりです。
Posted by @隼人正 at 2006年10月21日 23:29
中川政調会長は訪米中に次のように語っています:
「核問題をめぐる今後の議論の進め方に関しては『自分の国を考えると自然に起きてくるもので、党に(議論のための)組織をつくるということではない』として、自民党内に既にある外交部会や国防部会などでの議論に委ねる考えを示した」。
・・・この一言で、政治家としての格は、民主党の小沢氏より中川政調会長は方が遥かに上だと感じました。国を託すに足る立派な政治家だと思います。
Posted by GG at 2006年10月28日 20:16
GGさんコメントありがとうございました。
安倍・中川・麻生のお三方には私も期待しています。
Posted by @隼人正 at 2006年10月28日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中川外交は成功だ
Excerpt: 外交音痴。  中川昭一政調会長が「自分は核武装反対だが、もっと議論があっていい」といっただけで、産経を除く紙新聞やテレビ、与党おなじみ議員が中川氏をいっせいに攻撃した。  野党の鳩山氏などは、「議論す..
Weblog: どしたどした?
Tracked: 2006-10-19 15:08

せめて一矢報いてくれ
Excerpt: 北朝鮮は言うに及ばず、中国の核ミサイルは日本に向けられている。最近、中国が我が国を悪し様に言い募るのは、日本に対し核ミサイルの使用を目論んでいるからでは無いかと疑っている。歴史の彼方に埋もれ、生き証人..
Weblog: アルパカ日記
Tracked: 2006-10-21 01:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。