2006年10月08日

安倍政権を追い込みたかったら「野田佳彦」に質問させるべきだった。

午後に日中首脳会談 安倍首相、北京に向け出発へ2006年10月08日07時13分
 安倍晋三首相は8日午前、羽田発の政府専用機で、中国へ出発する。午後に北京入りして胡錦濤国家主席と会談。9日にはソウルに移動し、韓国の盧武鉉大統領と会談する。首相就任後初の外遊で、昭恵夫人も同行。首相としては、小泉前政権時代に冷え込んだ両国との関係立て直しの第一歩としたい考えだ。(時事)


中韓訪問を控えて「靖国」については、「行ったか、行かないか明言するつもりはない」との姿勢が国会答弁でも「歴史認識」についても安倍首相は貫いていたといえます。

「村山談話」「河野談話」を継承すると発言したときはちょっと失望したのですが、よくよく聞いてみると新聞報道とはニュアンスが違っていることがだんだんわかってきました。

全野党質問者が「歴史認識」で安倍首相を「追及」しようとした訳ですが、民主党も含めて安倍さんにとっては「直球勝負」だったので、安倍さんの答弁は「選球眼」を発揮することができたのでしょう。

中韓にとっても織り込み済みの答弁内容で、結局野党は安倍さんの訪中・訪韓にエールを送ったのでしょう。

民主党が本気で「歴史認識」において安倍さんの揚げ足をとりたかったら
「天敵」田中真紀子ではなく「野田佳彦」にするべきでしょう。

小沢さんの狙いは「田中真紀子」には「論戦」ではなくワイドショーなどでの露出度を考えただけの人選でしょう。この人では安倍さんを追い込むことはできません。この人自身が「歴史認識」を併せ持っていないからです。

野田さんは「歴史認識」を持っている人なのでこの人が追及すれば、安倍さんは窮地に追い込まれた可能性があると思います。(とどめは西村真吾が指す。)

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!野田)いわゆるA級戦犯は犯罪者なのか?
安倍)国内法では犯罪者ではない。
野田)犯罪者ではない人が祀られている靖国神社に参拝するのは問題ない。なぜ、堂々と参拝しないのか?
安倍)参拝しないとも、参拝するとも言っていない。

野田)全国戦没者追悼式の『戦没者之霊』の中にはA級、B級、C級戦犯も含まれるか?
安倍)全国戦没者追悼式においては、戦没者という全体的な概念でとらえて、追悼しているものであり、追悼の対象とする個人を特定しているものではない。
野田)「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」第二回(平成十四年二月一日)議事要旨において、「(全国戦没者追悼式の)『戦没者之霊』の中にはA級、B級、C級戦犯も含まれるということか」という委員の質問に対する「(厚生労働省)そういう方々を包括的に全部引っくるめて全国戦没者という全体的な概念でとらえている」という答弁が掲載されているが、総理の靖国神社への参拝が何故外交上配慮が必要なのか?

こんな感じで野田さんなら「サウスポー」ではなく「黄金の右」でかなり追い詰めることができたでしょう。(その代わり、民主党は「バラバラ」との批判を受けるでしょうが、そのときは自民党以上に懐の深い政党だと言い逃れればいいのです。)

そこで野田さんの質疑で弱ったところで西村真吾をだし、次に一言でとどめでしょう。

西村)総理は中国・韓国と訪問されるそうだが、日本人は中国人・韓国人が嫌いだ。



posted by @隼人正 at 10:34| Comment(1) | TrackBack(3) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック有り難う御座います。

野田さんもそうですが、民主党の一部の若手は民主党にいるのが惜しい人がいると思います。
Posted by 安保 仁 at 2006年10月17日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自民党の一部が「村山談話」を大絶賛し、土下座外交を推進
Excerpt: TOKYO自民党のコラム  ご意見番 一言申し候。 「村山談話」の歴史的意義 http://www.tokyo-jimin.jp/kobo/goikenban/goikenban54.html ..
Weblog: 東亜の葉っぱ
Tracked: 2006-10-08 11:53

有名人よりも教育改革を実効性あらしめる人選を--臨教審・国民会議の二の舞にするな
Excerpt:  ここのところ国会の論戦(?)などをみていると歴史認識や年金・社会保険にばかり話題が集中しているようですが、安倍首相が掲げた「美しい国」をつくるテーマとして教育の再生が謳われています。その教育改革に早..
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-10-08 13:46

野田さん、こんな奴ら見捨てて新党結成してくれ。
Excerpt: 私の地元の衆議院議員は民主党の野田佳彦氏である。 この人は時間が許す限り自ら主張を訴えるビラを配っている。 今日配っていたビラはこういう言葉で締められていた。 いずれにしてもこの危機に及んで、党利党略..
Weblog: 冒険少年にゅーす予備校 
Tracked: 2006-10-17 21:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。