2006年09月29日

首相が所信表明演説、集団的自衛権の事例研究を表明

安倍首相は29日午後の衆参両院本会議で、所信表明演説を行った。

 政府の憲法解釈で禁止されている集団的自衛権の行使について、首相は「個別具体的な例に即し、よく研究する」と、具体的な研究作業に着手する方針を表明した。戦後生まれの初の首相として、新たな国づくりを進める決意を強調。

 憲法改正の手続きを定める国民投票法案の早期成立に期待を示し、教育再生に取り組む考えを示した。また、経済成長を高め、歳出削減を徹底することにより、「国民負担の最小化」を目指す方針を明らかにした。

 首相は、集団的自衛権行使の問題で研究を始める背景として、テロとの戦いなど国際情勢の変化と、日本の国際貢献に対する期待を挙げ、「日米同盟がより効果的に機能し、平和が維持されるようにするため」と説明した。
(読売新聞)


おそらく野党は「アメリカの戦争を一緒に行うことになる。だから危険!!」という反論が予想されますが、「集団的自衛権」=「自衛隊の海外派遣」という短絡的な発想をするだけでは、議論の対象ともならずに終わってしまいます。
単純に「集団的自衛権」を行使するのは「極東地域」のみで、その他の地域は「自衛隊の国際貢献」なのです。
これらを別個にかつ真剣に議論・討議するべきでしょう。
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!
posted by @隼人正 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24610362

この記事へのトラックバック

所信表明演説とは?
Excerpt: 所信表明演説とは、中学生にも分かるような説明をすれば、   総理大臣がこれから自分がする政治について説明する ことである。 比較される言葉として「施政方針演説」がある。こちらは内閣全体としてこれ..
Weblog: うんちくマニア
Tracked: 2006-09-30 02:01

短期で終わるという予測(期待?w)は当たるのか?
Excerpt: 安倍内閣の顔ぶれ 財務相に尾身氏(産経新聞) ?????? 記事引用開始 ??????  総  務 菅義偉(丹羽・古賀派)  法  務 長勢甚遠(森派)  外  務 麻生太郎(河野グループ) ..
Weblog: んなアホな!
Tracked: 2006-09-30 16:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。