2006年09月21日

国旗掲揚時の起立強制は違憲、地裁が都に賠償命じる

入学式や卒業式の国歌斉唱の際、教職員は国旗に向かって起立しなければならないなどとした東京都教育委員会の通達は違法だとして、都立学校の教職員ら401人が、都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。

 難波孝一裁判長は、「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保証した憲法に違反する」との違憲判断を示した。その上で、「教職員は国旗に向かって起立し、国歌斉唱する義務はない」と述べ、退職者32人を除き、起立や国歌斉唱の義務のないことや、処分の禁止などを認めた。

 さらに判決は、「違法な通達や校長の職務命令で、原告は精神的損害を被った」とも述べ、請求通り、原告1人当たり3万円の賠償も認めた。
(読売新聞)


学校教育というのは何が目的か考えさせられる判決といえます。教師(今回の判決を出した裁判官も含めて)が道徳心がないとしかいえません。
国旗掲揚時・国歌斉唱時に起立するというのは「礼儀」ではないのでしょうか?教師はその「礼儀」を生徒たちに教える役目があるのに自らがその「礼儀」に反すれば生徒たちはどのように育ってしまうのでしょうか?

この原告団の人たちは「特定のイデオロギーを持つ」「政治目的」としての裁判でしょうからなんともなりませんが、一社会人として「通達違反」をすることは「社会人失格」であり、「礼儀」を失するのは「教育者」として失格です。

都立学校の教師とのことですが、ますます公立学校の「学級崩壊」が進む現状なのでしょう。まともな見識の親はそう思います。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!平日の昼間に裁判に出る暇があったら、教師たちは現場に戻り教育現場の改善に全力を尽くすべし!
posted by @隼人正 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日の丸・君が代と『思想・良心の自由』(「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める)
Excerpt: さすが左巻きが巣くう法曹界。こと地裁レベルになると人権問題が絡むと違憲判決を出すという馬鹿の一つ覚えをしてくる。今回この判決を下した難波孝一*1裁判長は、日の丸・君が代について『(日の丸、君が代は)第..
Weblog: 矛盾の矛は何を貫く
Tracked: 2006-09-22 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。