2006年08月27日

義務教育の自由化を実現しよう!

小学校と中学校は「義務教育」なので「親の義務」として何事があろうとも子供を通わせなくてはなりません。ほとんどの家庭は公教育に通学させることとなります。
でも、私の周りの親は(といっても普通のサラリーマン家庭がほとんどです。)今の小学校は「学級崩壊」があったり、「ゆとり教育のおかげで学力低下」があったりと、正直「お金があったら(あと子供に能力があれば)私学の小学校に通わせたい!ダメなら中学からでもー」という血の叫びがあります。
なぜか政府はこの義務教育を「国が教育の施設を作る義務・運営する義務」があると勘違いしているのではないのでしょうか?
安倍さんは政策構想として憲法改正と教育基本法の改正が急務と訴えています。また、麻生さんは義務教育の低年齢化を提唱されています。
これらは、「学級崩壊」や「学力低下」の特効薬ではないのです。

やはり義務教育も「官から民へ」を実現しなければなりません。
教師という職業がサービス業とするならば子供教育に対し「使命感」を持った人でなければならないと思います。今の教師には、その使命感を持っている人が何割いるか疑問です。「使命感」を持っていれば、組合活動なんかしている暇はありません。24時間自分のクラスの運営、学力の向上、人格の形成に力を注いでくれる人が望ましいのです。(中小企業の社長は従業員の家族の生活を守るため24時間売り上げの向上や資金繰りについて考えている人がいます。)
こんなことを言うと「使命感を持った教師はいる!」との指摘があると思いますが、逆を言えば「事勿れ主義の人もいる!」ということになります。

現在、少子化と都市の空洞化により、田舎だけではなく都市でも小学校などの廃校が進んでいます。また、廃校まで行かなくてもクラスの数が減少し教室が余っている学校も多いのではないのでしょうか?
これらの施設を私立小学校に貸し出すようにすればいいのです。
つまり、新規の私立小学校を設立しやすくするのです。
すると理念と使命感を持った教育者が自己の信念に基づいた学校が設立されることでしょう。

それとあわせて、教育予算の配分の変更と扶養控除の変更が必要です。現在、国と地方から公立教師の給与が支払われていますが、この予算を児童の学費に補助金として充当するのです。(奨学金の支払方法と同じような方式で、当人に対しては学費および通学の費用が免除となり、国・地方が支払うようにするということです。)これは所得の低い人でも私立の学校に行く財源とするのです。ある一定の所得以上の人は学費全額を所得控除(扶養控除に算入)に算入するのです。日本は幸いにも(?)累進課税制度なのである一定の所得以上の人は限界税率を考えれば3割引以上になります。

すると私立学校が増えれば選択の幅が広がることになり、設立者の信念、教育方針に賛同した父兄が自分の子供たちをその学校に通わせることができるのです。今の私学の数は圧倒的に少ないのが問題であり、貧乏人は入学すらできません。

すると競争原理が働き、画一的なものが減り、個性的な学校が増えると思います。ただし、このままでは私立学校が有利で、公立学校が不利となる可能性があります。たとえば、教育に関して非協力的でクレーマーみたいな保護者がいることも事実ですから、学校側も生徒(というか保護者)を選ぶ権利があるようにすればいいのです。但しこの権利が濫用されてはいけないので、一定の歯止めの仕組みは必要となりますが・・・。でも心配することはありませんそのような親にも適応できる私立学校もできる可能性がありますから。(親もまとめて教育してしまうということですね。)

予想される反対意見としては「戸塚ヨットスクールみたいな小学校ができたらどうするんだ!」があるかもしれませんが、できてもいいのです。このような学校がいやならば最初から入学させなければいいのですから。

また、別の意見としては「格差社会を助長するのでは?」という指摘もあるかもしれません。それはあまりにも悲観的な意見です。なぜならば、貧乏人に対しても等しく児童の資質のみで学校を選ぶことができるからです。

最後に教育基本法改正に関してですが、今の基本法ができたときは「教育勅語」が生きていたそうです。したがって、車の両輪ののような働きがあったといわれています。(お互い補完しあっていたということですね。)
いま、口語訳を読んでいても「軍国主義」を連想させるものは一言もないのですから、国会決議で復活を宣言しても良いのではないのでしょうか?
国民の象徴たる天皇陛下の言葉ですから。
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や,秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

〜国民道徳協会訳文による〜
posted by @隼人正 at 22:40| Comment(3) | TrackBack(2) | 教育制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、虐待を受けた子供が親になりまたその子供に暴力を振るう。連鎖反応だ。 低俗な娯楽、ポルノその他『健全な教えに適っていない』 ものを用心深く特にメディアから一切排除する。ドラッカーを原著で読ませよう。それを日本語に訳させる。また原著と同じになるまで英訳。 これを繰り返す。そうすると英語が得意になるのはもちろん、ドラッカーの思考回路が自分に移ってくるのだ。
ドラッカーの思考回路はそうした瑣末な語法にも反映されるからです。
小学生卒業までにこれをやらせるってのはどう?。日本からドラッカー坊やが続出(希望)有名大学でも道徳的にはヒドイのが現状だけどね。最近も生き埋め事件やら暴力事件が多発。はああああー(ため息)

現代は、その国の国力は知力の総和によって計ることができるのです。
ドラッカーが提唱した知識社会といい何年か前ドイツで開かれたケミカル
サミットでもある程度知識がないと飯を食べてくことすら難しくなると言われてたのです。

ゆとり教育の結果はご存知ですよね。
貧困層→→→公立  裕福な家庭→→→私立・塾

これは機会不平等以外に何と申し上げましょうか。知識の詰め込みがいけないのではなく、蓄積した知識を論理的思考力によって縦横無尽に考え抜く能力や、学習指導要領にメディア・リテラシーを組み込むのです。これでマスコミから一方的に垂れ流される偏ったクズみたいな情報を子供が鵜呑みにすることもなくなる。(朝○・t○s)

実はこの『ゆとり』という黴菌は2002年が最初ではないですし。三度目
ちょっと異論になりますが、この『週休二日制』といい『空前の金持リタイアブーム』この背後にはサタン絡んでる可能性が高いですな。危ない奴と勘違いしないで下さい。つまり日本を没落させる為に、バブル崩壊そして日本の強みであった終身雇用や年功序列などの廃止。急速に失われつつある共同体。。おまけに近隣アジアは反日。アメリカは無理難題を日本に要求する。男系皇室の危機。アメリカ合衆国の政府要人を動かすのは誰なのかを推測すれば、自然に答えは出ます。一歩引いて読むようにしてますが、船井幸雄さんや副島隆彦さんの本やサイトを読ませてもらってる私としてはどうも背後で世界経済や政府を思うが侭に動かす野郎がいるっぽいのです。

近隣アジアの反日行動を扇動し、アメリカの要人を顎で扱き使う連中。まずはこいつらをどうにかしないと。

あ、あと渡部昇一先生の本は私大好きです。『知的生活の方法』...まあ、先生の本なら何でもよいですから、日本人全員に読んで貰いたいですな、そして正確な歴史の事実を知ってもらいたいものです。
Posted by ジャック at 2006年08月28日 14:13
ジャックさんコメントありがとうございました。
色眼鏡をかけずに歴史の事実を検証することが必要と思います。
○日新聞、○BSは歴史について色眼鏡をかけすぎ、日本経○新聞はアメリカ型経営を絶賛しすぎってところがありますよね。

ところで、ドラッカーや船井さん副島さんの著書を読んだことがないため、勉強させていただきます。
Posted by @隼人正 at 2006年08月29日 00:02
TB有り難うございます。
学校民営化論については本気で考えたことがないので意見を保留します(私はまず日教組に破防法を適用すべき、他のことはそれからと思っています)が、教育勅語復活を国会で宣言するのは、まことにそうあるべきですね。
Posted by 練馬のんべ at 2006年11月02日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22898287

この記事へのトラックバック

失礼いたします。
Excerpt: 子供の学力格差は今後の少子高齢化社会に向けて真剣に考えないといけない問題と思われます。(このトラバが迷惑な場合、削除願います。)
Weblog: うつ病を克服しストレスフリーな生活を手に入れる方法
Tracked: 2006-09-16 12:46

声に出して読みたい教育勅語
Excerpt: 今日は教育勅語発布の日。教育勅語を親と子でいっしょに音読するのはいかがですか。美
Weblog: 家族がいちばん
Tracked: 2006-11-02 20:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。