2006年08月26日

右手にそろばん、左手に論語をA

岐阜県に「タニサケ」という年間売り上げ7億円であるにもかかわらず、2億円の経常利益を上げている会社があります。
この会社の社長(現在は会長)の講演をを聴く機会がありました。まさに「右手にそろばん、左手に論語」を地でいくような方です。(PHPから本も出版されています)
この方は「日本を美しくする掃除の会」の会員です。
日本を美しくする掃除の会はイエローハットの鍵山会長が設立した掃除に学ぶ会です。小学校や中学校の便所を徹底的に磨き上げることにより人間の謙虚さなどを学ぶといった趣旨の会です。
実は、5年ほど昔、一度だけこの会に参加し、千葉県の小学校の便所を磨き上げに行きました。参加者は一度その学校の体育館に集合するのですが、そのとき民主党国会議員の野田佳彦さん(http://www.nodayoshi.gr.jp/)が参加されており、主催者も参加されている旨紹介しました。野田さんは遠慮がちに会釈のみで挨拶しました。彼の選挙区の隣町の学校なので、売名行為(彼の経歴は松下政経塾→日本新党→民主党なのでいかにもリベラル派には受けがいい活動なんだろうなー)と思っていました。
これは私の誤解のようでした。
彼は単なるリベラル派議員ではなかったようです。
A級戦犯問題や靖国問題などの質問趣意書なんかは「こいつ結構やるじゃん!」って感じです。(http://www.nodayoshi.gr.jp/report/hatugen.html
彼みたいな考え方の議員は大事にしたいと思いますが、民主党では彼の活動も制限されるような気がしてなりませんけど・・・

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 応援したい政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。