2006年08月24日

谷垣大臣の「子宝税制」に物申す!

(8/1 産経新聞より)
自民党総裁選への出馬を表明した谷垣禎一財務相は31日午後、福岡市内で講演し、消費税以外の税制の在り方について「所得税の中で『子宝税制』を考えていく必要がある。税額控除を取り入れて、所得の低い人にも子どもを産んだ場合にメリットを感じてもらえるようなことを、児童手当と組み合わせていくべきではないか」と述べ、少子化対策として低所得者層に配慮した新たな税制の必要性を強調した。
 一方、相続税に関しては「もう少しもらう方向で検討せざるをえない」として、富裕層への課税強化で不公平感の解消を図る考えを示した。
 これに先立ち、谷垣氏は同市内で記者団に対し、郵政民営化に反対して自民党を離党した無所属議員について「協力できるところはできるだけ協力体制を取る方がいい」と指摘した。


谷垣さんは低所得者層に配慮するといっていますが、これは良くないですね。
もし、この政策が功を奏し「少子化」は是正できたとしても、「治安」などの問題が発生するような気がしますね。
わたしは逆に平均年収以上の人たちを子沢山にする政策を採ればよいと思います。
ただでさえ、「格差社会」のせいで「低所得者層」は小学校の「給食費」すら払えないのですから・・・

世帯収入が平均以下(仮に年収500万円としましょう)で夫婦と子ども3人となればひとり100万円で生活しろ!ってことですよ。手当がもらえたからといって生活は楽にはならないでしょう。
高額所得世帯の家族の人数を増やす政策を考えましょう。
世帯収入が1500万円の家族が夫婦と子ども一人の3人家族を子ども3人の5人家族にするのと、世帯収入500万円の家族が夫婦と子ども一人の3人家族から、子ども3人の5人家族にするのとでは前者の方が、経済効果も高いと思いますよ!

「少子化対策」は高額所得者の子沢山を優遇する策を是非とも考えていただきたい。これは結果として所得の再配分にもなりますよ!
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感。
百歩譲って社会保障が必要だとしても、
少子化対策とは切り離して考えるべきです。

もしくは累進課税なくすべきですね。
Posted by オリザニン at 2006年08月24日 16:42
コメントありがとうございました。
累進課税が何故ダメなのか、社民・共産党員にも理解して欲しいと思います。
Posted by @隼人正 at 2006年08月25日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。