2006年08月23日

自民党総裁選

自民党総裁選の候補者が安倍晋三さん、麻生太郎さん、谷垣さん(フルネームを覚えてません。この段階でこの人の当選はないですね。)が現実的に出揃いました。印象からすれば
・谷垣さん−消費税を上げたい
・安倍さん・麻生さん−二人とも違いがわからん
というのが感想ではないのでしょうか?
そうなれば、消費税が上がるのが嫌なので、安倍さんか、麻生さんになるわけですが、安倍さんのほうが人気がありそうなので安倍さんに決まりといったところでしょうか?
安倍さんも麻生さんも主張はそれほど代わりがないと思うので、どちらが総裁・総理になっても二人とも閣内にとどまって欲しいですね。
靖国問題にしても二人の目的は天皇陛下をはじめとする日本国民がわだかまりなく参拝できる環境を作りたいということでは一致していると思います。
安倍さんはその手段として「こっそりやりましょう。そうすれば昭和60年以前に戻り元々中韓は文句を言っていなかった状態に戻り環境が整うと思いますよ!」といったところでしょう。
麻生さんは「そんな悠長には待ってられないから、国で管理すればいいんじゃないの?憲法の絡みで宗教分離しなければならないのだったら。宗教法人ではなく無宗教ということにすればいいじゃないか。だって、もともと神道は宗教といえますか?日本の伝統文化なのだから、鳥居はあってもいいし、参拝方式も神道形式でいいのじゃないの?結局文句言うやつは遊就館でしょ。展示施設は他の博物館に移せばいいじゃないか。」ってところじゃないでしょうか?
また、二人とも教育基本法や憲法など占領下で制定された法律を見直そうじゃないかってことですからね。
また、安倍さんに対しては経済政策が不安視されていますが、「国家の品格」の藤原さんではないのですが「たかが経済」ですから。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。