2006年08月23日

累進課税制度

小学生か中学生のとき社会科で「累進課税制度は金持ちの人からは多くの税金を徴収し、お金持ちでない方への所得の再配分機能があるすばらしい制度」と習った記憶がありますが、実際に自分で稼ぐようになってからはこの制度はおかしいと思うようになりました。
渡部昇一さんもフラット税率の提唱者ですが、わたしもこの意見には賛成です。
仮に700万円の年収の人が、がんばって800万円の年収になったとします。100万円収入が増えました。この人の税率は11%から12%になります。
さて、手取はいくら増えるでしょうか?
100万円×(1-12%)=88万円でしょうか?
実は68万円しか増えません。
今年がんばった100万円のうち実に32%が税金として徴収されるのです。
これが年収1500万円を超えると実に40%、2400万円を超えると47%が「がんばった分」に対して税金で取られてしまいます。
つまり、累進課税制度というのは「がんばった人にはがんばった分だけ重く課税しますよ」という制度なのです。
おかしいと思いませんか?
日本の経済システムは資本主義・自由経済主義ですから経済が成長しなければなりません。
経済が成長するには国民一人ひとりががんばらなければならないのですが、
「がんばった人にはがんばった分だけ重く課税する制度」ではがんばる気がなくなりますね。
多くの国民は税率は全体に対する税率しかきづいていないのですが、「限界税率」に気づいたら「累進課税制度はおかしい!」と大合唱になるはずです。
この、累進課税制度というのは国民一人ひとりが「護送船団」の枠の中にあるということです。
金融界など業界の「護送船団方式」は槍玉に上がり是正されつつありますが、
国民一人ひとりの「護送船団方式」もそろそろ税制すべきではないでしょうか?
ブログパーツ
banner_01.gif
↑公平な税制を期待する人は是非クリックを!
posted by @隼人正 at 13:40| Comment(13) | TrackBack(1) | 税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
一見よさそうなこの累進課税制度は、頑張れば頑張るほどやる気をそがれる仕組みになってしまっていると思います。海外に移住して日本で税金を支払わないようにする富裕層の一部の対応は必ずしも賛同はしませんが、気持ちとしては理解できます。
Posted by nijilog at 2006年08月23日 23:49
コメントありがとうございました。芸能人やスポーツ選手のように本当の個人事業主は海外に逃げることができるのですが、日本の経済の屋台骨を支えている(特に製造業)の中小企業の経営者は従業員の家族も含めた生活がかかっているので、海外逃亡なってできないんですよね。それでいて会社の借金は個人保証をしているせいで、何かあったときは資金ショートを起こすんですよね。社長の給料は自分自身の生活や趣味嗜好に100%使えないんですよね。だって、会社の借金の保証人ですから、根こそぎ資産(これまでの所得の蓄積だけではなく親族から借金しているかもしれません。)を失うわけですから。このことを政治家の皆さん(特に社民党と共産党)には理解してもらいたいと思います。
このあたりの実情は大学の経営学や経済学では実感がわかないんですよ!だって、大学教授が実際に中小企業を経営して、納税して、金融機関から資金調達したりという実務経験がありませんから。同じことは日経新聞(経済の専門紙ですらという意味です。)を含めて新聞記者も実務経験がありませんからね。
Posted by @隼人正 at 2006年08月24日 00:08
 この素晴らしき国に生まれ,この国を支えられることを心から喜ぶ気持ちがなければ,どのような制度も意味を成しません。「より多くの税金を納められることは国民にとって最も幸福なことである」とこれからの子供には教えましょう。高額納税者を皆で褒め称えましょう。所得が低くても生活保護に頼らない人を尊敬しましょう。
 税金から逃れたいために国を出るような愚か者を基準に考えるより,社会のために精一杯努力することこそが人としての使命であり,価値を決めるものである,という断固とした決意が必要だと私は思います。
Posted by リスク親父 at 2006年09月05日 13:23
日本の所得税と住民税を合わせた最高税率は5割。国際的に見ればやや高いくらいです。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/027.htm

これ以上強化する動きなんてとんでもないですね。海外移住はかつてのような異常な税率なら仕方がないと思います。現在は最高5割という良識的な枠内に収まっているので、あまり勧めませんが。

政府が間違った方向に走らないように、国民として監視していかなくてはならないと考えます。

幸い景気が回復してきて、新自由主義路線の正しさが証明されました。

努力した者が報われる社会を守らないといけませんね!

国民にチャンスを与えてくれた小泉さんには感謝しています。
Posted by 雄途 at 2006年09月10日 20:04
雄途さんコメントありがとうございます。
格差社会のはけ口として、「累進課税制度の強化」「相続税の強化」というのは、
ポルポト政権の政策に通じるものがあり、怖い気がします。
もっと是正しなければならないものがるような気がします。
とにかく公平な税負担を求めるばかりです。
Posted by @隼人正 at 2006年09月11日 22:59
コメントさせていただきます。
皆さんの意見は国民全体の利益(=長期的には個人の利益に繋がります。)を考慮せず、楽して手取りが増えてほしいという感じがしますね。
俺個人としては累進課税強化大賛成です。
長期的にみて格差が強い過ぎると国力や教育文化水準が低下しますし、治安が悪くなりますし、
やっぱり金持ちになれる人間は本当に有能な人間だけにしてほしいからですな。実力ある人間なら累進課税が強かろうと、稼げますから本当の金持ちにはあまり影響ないです。むしろ税金が軽くなると労働者が怠けだしますので搾取する人間が減って困ります。
この国は資源のない国です。人材と既得権で世界中から搾取する事で持っている国です(そのせいで時々国連で日本がよく叩かれるわけですな)。その国で格差が広がれば、自然と教育格差が生まれ、天才と呼ばれる歴史的に日本を引っ張ってきた人々が生まれなくなってきます。(これは明治大正昭和の経済の歴史を調べてもらえればわかりますな。)
彼らのおかげで強い企業ができ、日本が潤うのです。
それに累進課税は公平な税制ですよ。生活に必要な金っていうのは一定です。手取りが増えたからと言って食料や公共料金などが比例して増えるわけではないでしょ。
皆さん累進課税が嫌と言うなら株や海外で稼げば良いですよ。外貨を稼いでるなら国へ貢献できますし。気分も良いですよ。

ですので累進課税賛成です。逆に法人に関してはもっと下げてほしいですな。日本の企業は世界と戦わなくてはいけないので資金がたくさんあったほうがいいですから。会社が安泰なら長期的に安定した給与だってもらえるので皆さんにとっても得ですよ。
あと、社会保障は削った方がいいですな。死んでいく人間に金をだすなら、若い人間に投資した方が絶対いい。まぁこの国は年寄りが多いですから実行は厳しいと思いますけど。
これは私の生活に関わるので本音はやめてほしいけど、株の税は元に戻した方がいいですね。この税のせいでめちゃくちゃやる経営者多くなり、現在の新興市場の悪さの原因になってますし、もちろん格差も生まれてしましまからな。まぁできる限りこの事には国が気づいてほしくないですけど。
あと、100万人に一人超大金持ち(大企業を作った人や世界中に投資している人など有能すぎて結果として日本に貢献してしまう人。)で残りは中流っていうのは国として一番いいと思いますよ。その方がギスギスした感じがなくて本当の強者にとって過ごしやすいです。
Posted by 只野。 at 2006年09月16日 06:08
只野。さんコメントありがとうございました。
Posted by @隼人正 at 2006年09月18日 16:07
こんにちは。TBありがとうございます。
実は、私も渡部昇一先生の大ファンです♪
過大な相続税が資産の蓄積・発展を阻害し、日本経済の発展に悪影響を与えるとの先生のお考えにも、大いに賛成するものであります!

これからも、『渡部昇一的ココロ』で、素晴らしいブログを発信されることを期待します☆
Posted by みやび at 2006年10月14日 14:36
只野氏のいうことはむちゃくちゃです。天才は教育に格差があっても生まれます。なぜって、天才は生まれつきのものだからですよ。松下幸之助は別に富豪の家の生まれてはありませんが、大企業を作りました。生まれつきの才能と、早くから仕事をしたことで身に着けた商才ですね。

生活に必要な金は一定だから残りはとるって、必要に応じて支給するという社会主義の発想ですよ!
Posted by 雄途 at 2008年07月01日 17:14
私も累進課税大反対です。
日本の内需拡大は消費を増やさなければならないはずですが、懲罰的な課税制度では所得が消費に回りません。
相続税は消費を増やすためにも、税率を上げるべきです。
基本は政府が吸い上げるのでは無く、世の中にお金を循環させる仕組みが重要だからです。
Posted by 俊夫 at 2008年12月21日 09:56
累進課税の考え方間違えてますよ
詳細は参考URLで
Posted by deadcopy at 2009年01月26日 04:13
金持ちからバンバン取ってやれよ!
Posted by 愛国無罪 at 2009年05月05日 12:37
>deadcopy 様
>累進課税の考え方間違えてますよ
詳細は参考URLで


あなたこそ限界税率の概念を理解していませんねwwwwwwww
Posted by @隼人正 at 2009年08月21日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

累進課税は修正資本主義の華
Excerpt: 累進課税という言葉を初めて耳にしたのは、 はて、小学校の高学年であったか。中学のときであったか。 ともかく、社会科の授業時間でした。公平な税金はどうゆうものだと思うか、 教師が訊ねた。みんな同じ..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-08-23 14:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。