2006年11月26日

あまりにも痛すぎる 日教組

参院選争点「日教組壊滅できるか」by森喜朗 sei001-1.jpg


あんころブログより(教育基本法の改悪をとめよう! 全国連絡会のブログ)

2006年11月01日
森元首相が「次の参院選の争点は、日教組と自治労を潰すこと」と明言!

あんころチームのいしだです。
昨日の産経新聞に掲載されたインタビューで、森元首相がとんでもないことを語っています。以下引用です。

(引用始まり)
森元首相に聞く 参院選争点は「日教組壊滅できるか」【2006/10/31 東京朝刊から】
(中略)
 とにかく国全体が乱れているよ。大切なのは教育であり、社会環境。IT化が進んで連帯社会・地域社会が壊れかけているわけでしょ。その元凶をはっきりさせないといけない。教育委員会か、文科省か、知事か、市町村長か…。教育改革とは社会構造全体を変えることなんですよ。
 一番の問題は知事だと思うね。知事は必ず自治労と日教組と妥協するんです。それで次の選挙で応援させる。そうすればよほど失政がない限り、2期、3期はやれる。さらに4期、5期…。地方議会も知事の子分に成り下がっている。
 だから日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね。どう決別できるか。民主党にはできないんだから、自民党はそれを争点にすべきだと思うよ。


記事全文はこちら。
http://www.sankei.co.jp/news/061031/sei001.htm
(引用終わり)



ここから読み取れるのは、教育基本法を改悪して、与党が教員を法律で縛ることができるようにし、次の参議院選挙では自民党が大勝できるようにするという選挙戦略です。

そもそも、労働組合には憲法で団結権が保障されていて、国が労働組合を潰すことは憲法違反です。さらに、それを与党の選挙政策に位置づけるというのは、公職に就く人間にあるまじき行為です。力に任せて、憲法や法律を破ることしかできない政治家に限って「国民の規範意識」を問題にするのは、本当に許せません。
今の「教育改革」は、わたしたち主権者の投票する権利すら奪おうとしています。教育基本法改悪の問題点は、ここにはっきり示されています。多くの人に、この問題を伝えていきましょう。
posted by あんころ at 11:50 | Comment(2) | TrackBack(5) | 情勢


非常に論理が飛躍しています。


@教育基本法改正

A教員が法律で縛られる

B参院で自民大勝




AからBへの飛躍がタイガーウッズのティーショットを超えているのでは?
関連ニュース
あっ片山危ない!ウッズ強打であわや…ダンロップフェニックス第1日(スポーツ報知) 
(ファー!)


また、こうも言っているのです。



教育基本法改正

投票する権利が奪われる。




これもぶっ飛んでいますね。どこでどうつながる論理なのか。
あまりにも痛すぎる!


彼らの投票する権利と言うのは違法に選挙活動をする既得権と読み替えたほうがいいでしょう。


最後にいじめ問題での日教組委員長
彼ら日教組がいじめ問題で取った行動と言うのは声明の発表とのことです。
現場の教師の集まりの癖に何をやっているのか?
さすがの民主党議員(蓮舫参議院議員)も頭を抱えています。
(でもお宅の参院会長は日教組出身の興石東ですからー!残念!!)



ブログパーツ
banner_01.gif
↑日教組の委員長はかなり痛い!って思った人は是非クリックを!


posted by @隼人正 at 16:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 教育制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。