2006年08月30日

夜警国家を基本に!

小さな政府=夜警国家=福祉切捨て国家 
田原総一郎さんなんかは「小さな政府」を唱える政治家に対して誘導尋問をします。
これに対し政治家は「福祉切捨て国家」を否定するという光景が見られます。
これは「福祉切捨て国家=国民に冷たい国家」と言う印象が聞く側・答える側双方にあるからです。

「福祉国家」=「国民に優しい国家」というイメージに縛られているからです。本当にそうなのでしょうか?これは「福祉切捨て」が「引き算」の印象を与えてしまうからなのです。夜警国家を基本とすれば、国の各種政策は「足し算」になります。

一方で共産党なんかは「福祉切捨て国家」を「逆立ちの政治」と訴えます。
本当にこれが「逆立ちの政治」なのでしょうか?

自分は「最低限、国民の生命・財産を守れない国家」こそが「逆立ちの政治」ではないのでしょうか?
警察機構(警察)・国防機構(今は自衛隊)・国境警備機構(海上保安庁)・防災(消防)が国民の生命・財産を対内的・対外的に「国民の生命・財産」を守る組織です。これらを真っ先に充実させるべきです。
これらは国民に等しくかつ潜在的に受益があると考えられます。

いわゆる福祉も潜在的には全国民の受益の可能性があるのですが実際に受益するのは一部の人です。

したがって「国民に等しくかつ潜在的に受益」がある政策が国家政策の基本となるべきです。その次に「潜在的には国民の受益の可能性がある」国家政策がくるべきと思います。したがって、「福祉国家」こそが「逆立ちの政治」ではないかと思います。

医療費用や介護費用を「負担ゼロ」にする政策というのは耳障りのいい政策ですが、これには「セルフヘルプ(自立)」の考えかたと麻痺させてしまう政策です。国民の感覚を麻痺させたあとは何が待っているのでしょうか?
医療費がかかる!介護費用がかかる!ことはその人自身がきちんと予防をしていたのでしょうか?大半は予防措置も努力もせずそのような状態になっている人ではないのでしょうか?
「セルフヘルプ」を助ける政策(病気などを予防するための措置を援助すること)を推進すべきと思います。

国民は「国に甘えてはダメ!」なのです。ただし、国民だけではできない治安維持・国防が政府のある意義なのです。これを完璧に達成した後に優先順位をつけ福祉に回すべきなのです。

政府は「やる気のある人間」を支援すべきで「やる気のない人間」を保護すべきではないのです。

この考え方が国家の基本精神にするべきと思います。
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 13:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧皇族の皇籍復帰について

皇室典範の改正論議が紀子様のご懐妊で一先ず保留と言う形になりました。
この際、女性天皇、女系天皇の容認すべしという流れが止まったことは喜ばしいことだと思います。

やはり、これまでの日本の歴史で女性天皇は存在したが、女系天皇は存在していなかったという祖先の「思い」というのは尊重すべきで、現在の世論のみで変更することは畏れ多いということです。

われわれは、現行憲法においても「国民の象徴」として古代から続く天皇制を認めているわけですから、古代から続く制度を維持すべきではないかと思います。

小林よしのり(ヨシリン)さんが自身が「天皇制」の支持者ではあるが、「天皇陛下」の支持者ではない旨ご自身の作品で述べられていました。
わたしも古来から続く「天皇制」を維持すべきです。(男系の維持)
ただ、男系の継承が現在の皇室典範の規定のままでは危機に面していることは確かです。

男系維持のため色々な提案がありますが、旧皇族の皇籍復帰を私は支持します。それとあわせて、皇族の公職を設置したらどうかと思うのです。

旧皇族の皇籍復帰についてはかなりの反対が予想されますが、反対意見のひとつとして「皇室予算が増加してしまう」というのがあると思います。そこで天皇家以外の皇族の方々には外交官として国に貢献していただく故とぉ提案したいのです。役職としては「名誉大使」として主要な国に赴任してもらうわけです。

日本の文化・伝統は皇室が一番受け継がれていると思うので、その情報発信を「名誉大使」となって各国で行っていただければと思うのです。
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!
posted by @隼人正 at 01:34| Comment(26) | TrackBack(23) | 皇室関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。