2006年08月23日

自民党総裁選

自民党総裁選の候補者が安倍晋三さん、麻生太郎さん、谷垣さん(フルネームを覚えてません。この段階でこの人の当選はないですね。)が現実的に出揃いました。印象からすれば
・谷垣さん−消費税を上げたい
・安倍さん・麻生さん−二人とも違いがわからん
というのが感想ではないのでしょうか?
そうなれば、消費税が上がるのが嫌なので、安倍さんか、麻生さんになるわけですが、安倍さんのほうが人気がありそうなので安倍さんに決まりといったところでしょうか?
安倍さんも麻生さんも主張はそれほど代わりがないと思うので、どちらが総裁・総理になっても二人とも閣内にとどまって欲しいですね。
靖国問題にしても二人の目的は天皇陛下をはじめとする日本国民がわだかまりなく参拝できる環境を作りたいということでは一致していると思います。
安倍さんはその手段として「こっそりやりましょう。そうすれば昭和60年以前に戻り元々中韓は文句を言っていなかった状態に戻り環境が整うと思いますよ!」といったところでしょう。
麻生さんは「そんな悠長には待ってられないから、国で管理すればいいんじゃないの?憲法の絡みで宗教分離しなければならないのだったら。宗教法人ではなく無宗教ということにすればいいじゃないか。だって、もともと神道は宗教といえますか?日本の伝統文化なのだから、鳥居はあってもいいし、参拝方式も神道形式でいいのじゃないの?結局文句言うやつは遊就館でしょ。展示施設は他の博物館に移せばいいじゃないか。」ってところじゃないでしょうか?
また、二人とも教育基本法や憲法など占領下で制定された法律を見直そうじゃないかってことですからね。
また、安倍さんに対しては経済政策が不安視されていますが、「国家の品格」の藤原さんではないのですが「たかが経済」ですから。

ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!


posted by @隼人正 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

累進課税制度

小学生か中学生のとき社会科で「累進課税制度は金持ちの人からは多くの税金を徴収し、お金持ちでない方への所得の再配分機能があるすばらしい制度」と習った記憶がありますが、実際に自分で稼ぐようになってからはこの制度はおかしいと思うようになりました。
渡部昇一さんもフラット税率の提唱者ですが、わたしもこの意見には賛成です。
仮に700万円の年収の人が、がんばって800万円の年収になったとします。100万円収入が増えました。この人の税率は11%から12%になります。
さて、手取はいくら増えるでしょうか?
100万円×(1-12%)=88万円でしょうか?
実は68万円しか増えません。
今年がんばった100万円のうち実に32%が税金として徴収されるのです。
これが年収1500万円を超えると実に40%、2400万円を超えると47%が「がんばった分」に対して税金で取られてしまいます。
つまり、累進課税制度というのは「がんばった人にはがんばった分だけ重く課税しますよ」という制度なのです。
おかしいと思いませんか?
日本の経済システムは資本主義・自由経済主義ですから経済が成長しなければなりません。
経済が成長するには国民一人ひとりががんばらなければならないのですが、
「がんばった人にはがんばった分だけ重く課税する制度」ではがんばる気がなくなりますね。
多くの国民は税率は全体に対する税率しかきづいていないのですが、「限界税率」に気づいたら「累進課税制度はおかしい!」と大合唱になるはずです。
この、累進課税制度というのは国民一人ひとりが「護送船団」の枠の中にあるということです。
金融界など業界の「護送船団方式」は槍玉に上がり是正されつつありますが、
国民一人ひとりの「護送船団方式」もそろそろ税制すべきではないでしょうか?
ブログパーツ
banner_01.gif
↑公平な税制を期待する人は是非クリックを!
posted by @隼人正 at 13:40| Comment(13) | TrackBack(1) | 税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経新聞

小泉首相の靖国参拝について「産経新聞」以外の各紙は批判的だったことでしょう。
たまたま8/16は北海道から東京に戻る飛行機の中で日経新聞を読んだのですが、やっぱりスタンスがダメですね。丸山真男さんを引用しているのですが「欧米の成熟した市民と民主主義が織りなす調和的な社会の仕組みと後発近代国家の日本にどれほどの落差があるか。それが丸山政治学の出発点といわれる。」とに記述。
欧米が先進的で日本は後発的であるとの認識のままです。1868年当時であればこの記述は正しいのでしょう。
これについての反論はまた後日。
ただ一言いえるのは、人種差別撤廃を国際政治の場で公に提言したのは戦前の日本であり、普通選挙制度を導入したのも戦前の日本が先駆けではなかったのでしょうか?
ブログパーツ
banner_01.gif
↑ブログが面白ければ是非クリックを!日経新聞 春秋(8/16)はこちら
posted by @隼人正 at 00:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。